瀬谷区でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 神奈川県 > 横浜市瀬谷区

瀬谷区でのレッカー移動サービスに24時間対応

瀬谷区での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
瀬谷区でのレッカー移動などロードサービス料金
瀬谷区のロードサービス(レッカー移動業者)

瀬谷区でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

瀬谷区内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、瀬谷/阿久和/中屋敷/三ツ境/本郷/細谷戸/相沢地区など瀬谷区内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

瀬谷区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
瀬谷区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

瀬谷区でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

瀬谷区のレッカー移動サービス対応情報

瀬谷/阿久和/中屋敷/三ツ境/本郷/細谷戸/相沢地区など、瀬谷区内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

瀬谷区でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

瀬谷区でのロードサービス(レッカー)対応事例

瀬谷区で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

瀬谷区阿久和:燃料の入れ間違い車両のレッカー搬送

出張場所:横浜市瀬谷区阿久和

車種:トヨタ グランドハイエース

作業内容:燃料の入れ間違い車両をお客様指定の整備工場までレッカー搬送。

コメント:田舎から兄が家族を連れて遊びに来ています。この車は兄の車なのですが、買い物に出掛けるため車を借りました。遠くから遊びに来てくれたのですが、ちょうど燃料もあまり入っていなかったのでセルフスタンドで給油しました。

その時にいつも自分の車に入れているレギュラーガソリンを給油したのですが、走っている内にエンジンの調子が悪くなり燃料の入れ間違いをしてしまったことに気付きました。

明日、兄の家族が帰る予定になっているため、今日中に何とか修理しなければいけません。知り合いの整備工場は、土曜日でも営業しているため事情を伝えて救援をお願いしたところ、どこかのレッカー業者を手配して車を持って来てくれれば、今日中に優先して修理してくれると言ってくれました。

今まで自分でレッカー車を頼んだことなど1回もなくどうしようかと思いましたが、ネットで瀬谷区内のレッカー業者を検索してお願いしました。

兄の車はディーゼル車だと分かっていたのですが、いつもの様にレギュラーガソリンを給油してしまい大変なことになってしまいましたが、電話でお願いしてから1時間程度で来てくれたので助かりました。

自分の車が自宅の駐車場の奥にあったので、兄の車を借りて買い物に出掛けたのですが、自分の車を乗ってくればよかったと後悔しています。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

瀬谷区の警察署・区役所の連絡先

  • 瀬谷警察署:横浜市瀬谷区二ツ橋町213-1「TEL:045-366-0110」
  • 瀬谷区役所:横浜市瀬谷区二ツ橋町190番地「TEL:045-367-5656」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

タイヤがバーストする原因と対処方法

タイヤのバースト

走行中にタイヤが破裂してパンクする現象を「バースト」と呼んでいます。車を運転中に突然起きる現象ですので驚くと思いますが、そんな時でも冷静に対処しないと後続車などにも迷惑をかけて、大事故を誘発してしまう危険性もあります。

バーストの原因や対処方法について知っておけば、危険なバーストを回避することができます。また、もしバーストしてしまった場合でも、対処方法を知っておくことで大事故を誘発する可能性も低くなります。

タイヤがバーストする原因

タイヤの接地面に釘などが刺さり徐々に空気が抜けるパンクとは違い、バーストは一気にタイヤの機能を失ってしまいます。バーストの主な原因は「タイヤの劣化や損傷・空気圧の不足」などですが、走行中に障害物をタイヤで踏んでしまった場合などにも、突然タイヤがバーストする時もあります。

「タイヤの劣化や損傷・空気圧の不足」は、日頃の点検やメンテナンスによって事前に防ぐことができます。空気圧は定期的に測定したり、給油する時などに補充すると良いでしょう。また、点検に慣れてくるとタイヤを見たり足で押してみただけで空気圧不足が分かるようにもなります。空気圧が足りないと感じた時は、スタンドなどで空気入れを借りて補充した方が良いでしょう。

空気圧ばかりでなく、タイヤがすり減り過ぎている場合もバーストする危険性があります。スリップしたり大事故になったら大変ですので、すり減っている場合は早めのタイヤ交換がオススメです。また、縁石などでタイヤの側面を擦ったりしてしまうと、簡単にキズが付いてしまいます。また、ホイールも含めタイヤの側面は比較的弱い部分ですので、縁石などで擦ったりした場合は、タイヤだけでなくホイールも含めて、必ずキズの程度を確認した方が良いでしょう。そして、気になるキズを発見した場合は、タイヤの専門店などで、そのまま使い続けてもよいかか? 交換が必要かを点検してもらった方が良いでしょう。

走行中にバーストしてしまった時の対処方法

もしも、運転中に突然バーストしてしまった場合は、車のスピードを慎重に落として、路肩などできるだけ安全な所に停車します。そして停止した後は後続車から衝突されるのを防ぐために、発煙筒や三角表示板で路肩に停止していることがハッキリと分かるようにします。

バーストしたタイヤはスペアタイヤに交換しますが、スペアタイヤがない場合は当社の様なロードサービスに連絡して、タイヤ交換や修理ができるところまで車両をレッカー搬送してください。

高速道路はもちろんですが、一般道路でも路肩でタイヤ交換するのは大変危険な作業です。スペアタイヤへの交換作業も当社で代行できますので、お気軽にご相談ください。

ロードサービスの救援を呼んで待つ場合は、停止した車から降りてガードレールの外側など、道路からなるべく離れたところに避難するようにしてください。

瀬谷区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
瀬谷区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→