阿倍野区でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 大阪府 > 大阪市阿倍野区

阿倍野区でのレッカー移動サービスに24時間対応

阿倍野区でのレッカー移動などロードサービス料金
阿倍野区のロードサービス(レッカー移動業者)

阿倍野区(大阪市)でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

阿倍野区内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、天王寺、高松/常盤/金塚/文の里/王子/丸山/長池/阿倍野/晴明丘/阪南地区など、阿倍野区内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

阿倍野区でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

阿倍野区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
阿倍野区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

阿倍野区のレッカー移動サービス対応情報

天王寺、高松/常盤/金塚/文の里/王子/丸山/長池/阿倍野/晴明丘/阪南地区など、阿倍野区内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

阿倍野区でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

阿倍野区でのロードサービス(レッカー)対応事例

阿倍野区で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

阿倍野区天王寺町:故障で路肩に停車した車両を1晩預かり後にディーラーへレッカー搬送

出張場所:大阪市阿倍野区天王寺町

車種:ヴォクシー(トヨタ)

作業内容:走行中にエンジンが不調になり、路肩に停車した故障車を1晩預かり後に、お客様ご指定のディーラーまでレッカー搬送。

お客様のコメント:夜中に気分転換でドライブすることがあるのですが、今日は少し遠出してきました。運転中にエンジンの調子がおかしくなってきたので、道路の真ん中で止まってしまったら大変と思って道路の路肩に車を寄せました。

路肩に停車したらエンジンも止まってしまったので、それから何度もエンジンキーを回してみましたが、停車した後はエンジンがかからなくなってしまいました。バッテリー上がりも疑いましたが、まだ半年前に交換したばかりのバッテリーで走行中に調子が悪くなったので、バッテリー以外が故障してしまったと思いました。

夜も遅い時間になってしまいどうしようかと思いましたが、車を路肩に停車したままにしておくこともできませんので、レッカー移動してくれるロードサービスをスマホ検索で探して相談してみました。電話した時にお願いしましたが、明日まで車を預かっていただいて、明日の12時くらいにこの車を買ったディーラーまで搬送してください。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

阿倍野区の警察署・区役所の連絡先

  • 阿倍野警察署:阿倍野区阿倍野筋5丁目13番5号「TEL:06-6653-1234」
  • 阿倍野区役所:阿倍野区文の里1-1-40「TEL:06-6622-9986」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

暑い夏の季節に発生する車のトラブル

夏は車内の温度上昇に注意

日本には「春夏秋冬」という四季がありますが、凍える様な低い気温の日が続く冬の季節や、強い日差しと熱気が続く夏の季節などには体調を崩してしまう人も多いと思います。季節による体調の変化は人間だけでなく、自動車も影響を受けてトラブルが起きやすくなります。

夏の季節は夏休みやお盆の帰省、行楽地などへ出掛ける機会が多くなりますので、車に乗って出掛けることも多くなります。夏の暑い季節に起きやすい車のトラブルについて、予めどのようなトラブルが増えるのか知っておけば、いざという時に慌てずに対処することができるでしょう。

暑い夏だからこそ発生しやすい車のトラブル

暑い夏の季節には熱中症や日射病になりやすいですが、車も人間と同じ様に暑い夏だからこそ発生しやすくなるトラブルがあります。そのため、点検の回数を増やしたり、細心の注意を払いながら運転することがトラブル回避に繋がります。

エアコンのトラブル

夏のドライブではエアコンを使う機会が多くなりますが、エアコンが故障して使用できなくなると、暑さで運転に集中できなくなり、事故を起こす危険性も高くなります。また、暑さで体調が悪くなるなどして大変です。暑い日が続く本格的な夏になる前にエアコンの効き具合を点検して、異常がある場合は早めに整備しておいた方が良いでしょう。

エアコンが効かなくなる原因として多いのは、エアコンガスの不足によるものです。エアコンガスが劣化したり、自然になくなってしまうことは基本的にはありません。エアコン周りの部品が経年劣化で破損してしまい、そこからガスが漏れることなどが、エアコンガス不足になる主な原因です。

エアコンガスが不足している場合には、自分で補充することも可能ですが、ガス漏れした原因を調べて修理しないと、せっかくガスを補充してもガス不足が再発してしまいます。エアコンガスが不足している場合は、ディーラーや信頼できる整備工場などで修理を受けてから補充した方が良いでしょう。

バッテリー上がり

車のバッテリーは寒さに弱いという特徴がありますので、寒い冬の季節にバッテリー上がりが起きやすいと考えている方が多いと思います。しかし、バッテリー上がりは暑い夏の季節にも起きやすいので注意が必要です。これは、エアコン使用が多くなることでバッテリーの電気を大量に消費することが原因になります。バッテリーが弱っている状態で大きな負荷がかかることにより、バッテリー上がりが起きてしまいます。

バッテリーの点検は、主にバッテリー液の確認を行います。バッテリー液が減っていれば補充してください。バッテリー液の減りが早かったり、液漏れしている時はバッテリーの交換時期が近づいています。メンテナンスフリーのバッテリーも普及していますが、バッテリー液や端子部分の状態などは点検した方が良いでしょう。

不運にもバッテリー上がりを起こしてしまった場合は、バッテリーが非常に大きなダメージを受けたと考える必要があります。充電すればそのまま使い続けることができることが多いですが、元通りの機能を発揮するまでは回復しませんので、すぐにバッテリー上がりが再発する可能性があります。バッテリーの寿命は、一般的に2~3年と言われていますので、それ以上の期間使い続けているバッテリーであれば、新しいバッテリーに交換した方が安心できます。

オーバーヒート

車のオーバーヒートは、冷却水の漏れや詰りが原因で起きることが多いです。特に気温が暑い時は、冷却水の温度も上昇してしまい、十分にエンジンを冷やすことができずにエンジントラブルが起きる場合があります。また、エンジン自体が故障して、その故障によって熱くなった異常な熱を冷却水で冷まし切れずにオーバーヒート状態になることもあります。

オーバーヒートはエンジンに非常に大きなダメージを与えます。水温計の針の振れや警告灯で確認できますが、そのまま走行を続けてしまうと走行できない状態になります。エンジンに大きなダメージを与えてしまうと、修理費用も高額になりますので、夏の季節の運転では水温計に注意することも必要になります。

お急ぎのロードサービスはこちら→