大阪府・兵庫県でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 大阪府・兵庫県

大阪府・兵庫県でのレッカー移動サービスに24時間対応ロードサービス

大阪府・兵庫県のロードサービス(レッカー業者)

大阪府・兵庫県でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

レッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

大阪府・兵庫県内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出などのレッカーサービスは、大阪市/堺市/高槻市/池田市/枚方市/四條畷市/河内長野市/泉佐野市/神戸市/西宮市/尼崎市などを拠点としております。大阪府・兵庫県でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

大阪府・兵庫県でのレッカーサービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

レッカーサービスの料金詳細はこちら

大阪府・兵庫県でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
大阪府・兵庫県対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

大阪府・兵庫県のレッカーサービス対応情報

生活トラブルSOSのレッカーサービスは、全国の加盟店並びに提携業者による全国均一価格で、お客様に一番近い大阪府・兵庫県エリア担当の技術者が全国均一の格安な料金で現地に急行します。

作業中の事故や損傷も全店賠償責任保険加入済みですので安心です。会員制ではありませんので、年間契約などの面倒な手続きは必要ありません。大阪府・兵庫県内で事故や故障、車検切れ車の搬送や廃車手配などでレッカー移動が必要になった場合は、ぜひお気軽にお電話ください。必要に応じて事故車や故障車の車両預かりにも対応しております。

大阪府・兵庫県のレッカーサービス対応エリア

ロードサービス・トピックス

タイヤのパンクも自動車のトラブルとしては多い方ですが、運転している時にパンクしてもドライバーは気づかないことがあります。タイヤの空気はたくさん抜けた状態であれば気づくと思いますが、ほとんどの場合は、アクセルが重く感じたり、ハンドル操作に違和感を覚える症状が出て気づきます。

高速道路走行中に故障や事故が発生した時の対処方法

高速道路走行中に故障や事故が発生した時

高速道路はスピードを出して走行しますので危険が一杯です。もしも、高速道路走行中に故障や事故などでやむを得ず停止しなければいけなくなった場合は、路肩に停止できたとしても大きな事故に巻き込まれる可能性があります。

そのため、万が一でも高速道路で故障や事故が発生した場合は、慌てず落ち着いて安全に気を付けて適切な対処をする必要があります。

高速道路上では不用意に歩き回らない

高速道路上を不用意に歩き回ると大変危険です。特に大型トラックなどはアイポイントが高いためスピード感覚が掴み難く、停止している車や歩き回っている人を発見してからブレーキを踏んでも間に合わない場合があります。
事故当時者同士で話し合いする時や、避難中や待機中、そして車の点検中や通報中などは、特に注意する必要があります。

後続車に停止していることを合図する

高速道路上では、後続車が前方の停止車両に気付かずに突っ込んでくる可能性があります。停止していることに気付いてからブレーキをかけた場合、乾燥状態の路面であっても、時速80キロで58メートル、時速100キロで84メートル、時速120キロで114メートルの距離が停止までにかかってしまいます。

雨で路面が濡れている場合や重量物を積んでいる状態の車両、タイヤが摩耗している車両などは、さらに多くの停止距離が必要になります。そのため、停止しているという合図は、しっかりと分かりやすく行う必要があります。

高速道路上で停止していることを合図するためには、「ハザードランプ点灯・発炎筒を着火・停止表示器材の設置」などで行います。

停止表示器材や発煙筒は、停止している車の後方に無理のない範囲で設置しますが、停止表示器材は50メートル以上離れた場所に設置するのが良いでしょう。また、設置する時は足元に十分注意して車線からなるべく離れて、ガードレールなどの防護柵の外側を通って移動してください。

発煙筒の置き場所を事前に確認しておく

一般的に発煙筒は助手席の足元付近に設置されていることが多いです。いざという時にすぐに取り出せるように、事前に置き場所を確認しておくと良いでしょう。発煙筒は日中はもちろんですが、夜間のトラブルでも絶大な合図効果を発揮してくれます。

発煙筒の有効期限をチェックしておくことも重要です。発炎筒の有効期限は4年と定められていますので、新車の場合は購入してから4年間、中古車の場合は有効期限をチェックしておく必要があります。有効期限の切れた発炎筒も実際には使用に問題はありませんが、あまりにも年数が経過して古くなった発炎筒は、燃焼時間が短くなったり、水に弱くなってしまう場合があります。また、最悪の場合には発火しないことも考えられます。

必要な時に機能を発揮してくれない発煙筒ではいけませんので、有効期限が過ぎていた場合は新しいものに交換してください。ディーラーで発炎筒を購入すると1000円以上しますが、安く購入するのであればネット通販などで500円台で購入することもできます。

停止表示器材を携帯して表示

高速道路上でやむを得ず停止する場合は、停止表示器材の表示が義務付けられています。しかし、停止表示器材が新車購入時から装備されている車はあまりありません。停止表示機材は、カー用品店やホームセンター、ネット通販などで購入することができます。停止表示機材を設置せず高速道路上で停止した場合には、違反になってしまいますので、高速道路を走行する前にあらかじめ購入しておく必要があります。

速やかに安全な場所に避難する

高速道路上に車を停止した場合、車の周りを不用意に歩き回ったり、車内に残っていてはいけません。運転者も同乗者も全員、停止している車両のより後方でガードレールなどの防護柵より外側の安全な場所へ速やかに避難しなければいけません。例え路肩であっても、高速道路上で停止している車両は大変危険です。後続車に追突される事故も多数発生しています。

安全対策・避難後に通報

車をなるべく安全な場所に停止し、停止表示機材や発煙筒の設置が終わったら、速やかに安全な場所に避難してから通報します。通報先や手段は「110番・道路緊急ダイヤル #9910・道路に設置されている非常電話」ですが、故障や事故の状況、負傷者の有無や状態、火災の危険性があるかなどを伝え、道路パトロールカーの到着をお待ちください。

高速道路や自動車専用道には、非常電話が設置されていますが、走行中に何らかのトラブルが発生した場合に使用するものです。非常電話の方が場所も特定できて確実にスムーズに緊急の連絡ができます。一般的に非常電話は、自動車専用道路で約1km間隔(首都高速では500メートル)、トンネル内では約200メートル間隔(首都高速では100メートル)で設置されています。道路上以外では、サービスエリアやパーキングエリアに設置されている箇所も多いです。

レッカーサービスの料金詳細はこちら

大阪府・兵庫県での業者選びは電話品質と安心の適正価格
大阪府・兵庫県対応ロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

ロードサービスの概要説明はこちら→