淀川区でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 大阪府・兵庫県 > 大阪市淀川区

淀川区でのレッカー移動サービスに24時間対応

淀川区での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
淀川区でのレッカー移動などロードサービス料金
淀川区のロードサービス(レッカー移動業者)

淀川区でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

淀川区内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、新大阪駅周辺・加島/三津屋/十三/塚本/田川/新北野/木川/野中/宮原/新高/西中島/三国/十八条/神津地域など淀川区内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

淀川区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
淀川区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

淀川区でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

淀川区のレッカー移動サービス対応情報

淀川区内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

淀川区でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

淀川区でのロードサービス(レッカー)対応事例

淀川区で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

大阪市淀川区:故障車を整備工場まで搬送

出張場所:大阪市淀川区

車種:日産ウイングロード

作業内容:バッテリー上がり状態(発電系統の故障)の故障車をお客様ご指定の整備工場まで搬送。

コメント:2週間ほど前に車のエンジンがかかり難くなりました。4年ほど使ったバッテリーでしたので、その時はバッテリーの寿命と思い近くのホームセンターで新しいバッテリーを買ってきて、自分でバッテリー交換を行いました。

新しいバッテリーに交換したので、しばらくの間はバッテリーの心配はしなくて良いと思っていたのですが、今度は自宅ではなく、外出中にエンジンがかからなくなってしまいました。バッテリーは2週間前に交換したばかりでしたが、症状はバッテリー上がりの症状と同じで、セルモーターが回る音がだんだん弱々しくなってしまいました。

多分、発電系統のオルタネーターが故障して、バッテリーが充電されなくなってしまったのだと思います。エンジンがかからなければ、整備工場に車を修理に出すこともできないため、大阪市淀川区にエリア対応しているロードサービスをスマホで検索しました。

いつも世話になっている整備工場で修理したいと思いますので、その整備工場まで車を搬送してください。搬送先の整備工場には、これからレッカー車で車を運んでいくことを連絡してあります。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

淀川区の警察署・区役所の連絡先

  • 淀川警察署:淀川区十三本町3丁目7-27「TEL:06-6305-1234」
  • 淀川区役所:淀川区十三東2丁目3番3号「TEL:06-6308-9986」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

オーバーヒートの疑いがある場合の対処法

オーバーヒートの疑いがある場合

昔はオーバーヒートで路肩に停車している車をよく見かけましたが、現在でもオーバーヒートは車の故障の中では比較的多い方です。水冷エンジンの車は、冷却水でエンジンの温度を冷やして適温を保っていますが、適正であるはずの冷却水の温度が異常に高温なり、熱くなった状態がオーバーヒートです。

オーバーヒートは、エンジンの焼付けを起こしたりするエンジントラブルの原因にもなりますので、適切な対処をしないとエンジンに重大な損傷を与える可能性があるため、異常を感じた場合はそのまま走り続けてはいけません。

オーバーヒートの原因

オーバーヒートの原因としては、いくつかの原因が上げられますが、主な原因としては「冷却水・冷却システムによるもの」と「エンジンオイルによるもの」が挙げられます。

冷却水・冷却システムによる原因

冷却水漏れによる冷却水の不足、ラジエーターキャップの取付けミス、ラジエーターキャップやウォーターポンプなどの劣化による冷却水漏れなどの冷却水の不足。そして、冷却用ファン・ウォーターポンプ・サーモスタット・サーモメーターなどの故障や、冷却システムに不具合が発生して冷却性能が落ちた時など。

エンジンオイルによる原因

エンジンオイル漏れでエンジンオイルが不足したり、長期間エンジンオイルを交換しないで劣化したものを使い続け、潤滑性能の異常によって摩擦熱が高まった時など。

車に詳しい人でないとオーバーヒートの原因を調べるのは難しいと思います。何らかの異変を感じた場合は、ロードサービスを呼んで速やかに整備工場に車を搬送して点検や修理を行なった方が良いでしょう。

オーバーヒートした時の症状

メーターパネルの水温計を気にしながら車を運転している人は少ないと思いますが、オーバーヒートの初期段階では水温計が「Hマーク」の近くを示すようになります。(車を運転している時に水温計をチェックして、異常がない状態で水温計がどの辺りを示しているか確認しておくと良いでしょう)

水温計はエンジンを始動した直後は「C」の位置にありますが、エンジンが温まってくると真ん中あたりで安定します。水温計がいつまで経っても「C」から動かなかったり、「H」に近づいた場合は何らかの異常が発生している可能性があります。

また、感覚的にオーバーヒートの症状が分かる場合もあります。アクセスを踏んでるのにスピードアップできなくなったり、アクセルを踏んだ時に変な音(カリカリ音)がしたりする。エンジンの回転数が不安定で、アクセルを踏んでいないとエンジンが停止してしまう。そして、ボンネット付近から白い煙が出ているなどの症状が現れた場合は、オーバーヒートしている疑いがあります。

オーバーヒートした時の対処法

オーバーヒートした状態で走行を続けると、エンジンに重大なダメージを与えてしまいますので、水温計が「H」に近づいている時は、すぐに安全な場所に停車してエンジンを止め、ラジエーターや冷却水の状態を点検し、異常がなければエンジンオイルを点検します。

水温計が「H」の手前付近で異常に気づいた場合は、エンジンを止めずにアイドリング状態で水温が下がるか確認します。水温が下がるようであれば、その後走行することができる場合もありますが、水温計が「H」に近づいたことは何らかの異常が起きていることが考えられますので、速やかに整備工場で点検を受けた方が良いでしょう。

完全にオーバーヒート状態になってしまった場合は、車を修理に出すしかありません。その場で修理するのは難しいですので、ロードサービスを手配して整備工場に車を搬送して修理してください。

淀川区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
淀川区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→