大阪市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 大阪府 > 大阪市

大阪市でのレッカー移動サービスに24時間対応

大阪市での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
大阪市でのレッカー移動などロードサービス料金
大阪市対応のロードサービス(レッカー移動業者)

大阪市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

大阪市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、都島区/福島区/此花区/西区/港区/大正区/天王寺区/浪速区/西淀川区/東淀川区/東成区/生野区/旭区/城東区/阿倍野区/住吉区/東住吉区/西成区/淀川区/鶴見区/住之江区/平野区/北区/中央区など、大阪市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

大阪市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

大阪市のレッカー移動ロードサービス対応情報

都島区/福島区/此花区/西区/港区/大正区/天王寺区/浪速区/西淀川区/東淀川区/東成区/生野区/旭区/城東区/阿倍野区/住吉区/東住吉区/西成区/淀川区/鶴見区/住之江区/平野区/北区/中央区など、大阪市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

大阪市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

大阪市でのロードサービス(レッカー)対応事例

大阪市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

大阪市東成区:ローダーで車検切れ車を大阪市内搬送

出張場所:大阪市東成区にお住いのお客様ご自宅

車種:マツダ ロードスター

作業内容:ローダーで車検切れ車を15km搬送

お客様のコメント:事情があり車の運転ができなくなりました。但し、車が好きなため売却せずに車庫にしばらく駐車したまま保管していました。運転はできませんが時々ワックスをかけたり、車内もきれいに掃除していたので、車の状態はすごく良いと思っています。

先日、友人が自宅に遊びに来た時に車を見せたのですが、買い取ってくれることになりました。その友人も車が好きで、とても大切に車を乗ってくれそうであり、売却してからも助手席に乗せてくれるというのでありがたい申し出でした。

名義変更などは友人が行うことになりましたが、一度友人宅に運んでから手続きを行うことになりました。但し、車検が切れている状態ですので、車を積載して運んでくれるレッカーサービスの業者さんをネット検索して申し込みました。

同じ大阪市内の友人宅迄の搬送になりますが、よろしくお願いします。搬送は同行できませんが、搬送先の住所で車を買い取ってくれた友人が待っています。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

大阪市の警察署・市役所の連絡先

  • 大阪府西警察署:大阪市西区川口2丁目6-3「TEL:06-6583-1234」
  • 大阪府浪速警察署:大阪市浪速区日本橋5丁目5-11「TEL:06-6633-1234」
  • 大阪府南警察署:大阪市中央区東心斎橋1丁目5-26「TEL:06-6281-1234」
  • 大阪府住吉警察署:大阪市住吉区東粉浜3丁目28-3「TEL:06-6675-1234」
  • 大阪市役所:大阪市北区中之島1丁目3番20号「TEL:06-6208-8181」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

日常の点検で運転中のトラブル回避

日常の点検で運転中のトラブル回避

注意深く運転していても何らかの車のトラブルは避けられないものです。場合によってはトラブルが事故の原因になることもありますが、その中には日常の点検で未然に防げたものもあります。

普段から車の様子を気にかけて早めに対処

車のトラブルはバッテリーやタイヤが関係しているトラブルが多いです。ヘッドライトや室内灯の消し忘れでバッテリー上がりになるのは注意するしかないですが、バッテリー上がりの前兆があっても、すぐに対処しないでエンジンがかからなくなるのは未然に防げたトラブルです。

また、タイヤについてもタイヤの空気圧や擦り減り具合、劣化による側面のヒビ割れなどを日常的に点検していれば、パンクやバーストなどのトラブルを未然に防げたかもしれません。

車のトラブルで件数の多い、バッテリーやタイヤを普段から気にかけて早めに対処するだけでも、車のトラブルが起こる可能性をかなり低くすることができます。車を運転するということは、様々なリスクを覚悟しなければいけませんが、しっかりと点検整備を行うことで未然にリスクを回避することが可能になります。

運転中の故障や事故のリスク

毎日の忙しさや面倒臭さを感じて、車の日常点検を怠っている人もいると思います。しかし、運転中の故障や事故は交通の妨げになったり、怪我や命に係わる事故を引き起こすこともあります。特に異常を感じていない場合も、日常点検を疎かにする傾向がありますが、故障や事故には様々なリスクが係わってきます。

整備不良が原因の交通事故

自分でできる車の日常点検は、エンジンルームの点検や車の周囲を回って点検、運転席に座って点検などで行います。点検で異常な箇所があった場合、すぐに対処しておけば整備不良で故障したり、事故を起こして他のクルマを巻き込むようなリスクを低減できます。

バーストによる制御不能

タイヤの空気圧や擦り減り具合の点検を怠ってしまうと、運転中にタイヤがバーストしてハンドル操作ができなくなり、制御不能な状態に陥ります。大事故にもつながりますので、給油の度に空気圧の点検・補填を行いながら、タイヤの状態も点検すると良いでしょう。

オーバーヒート

冷却水の漏れなどでラジエーターが冷却不良を起こしてしまうと、オーバーヒートしてしまいます。オーバーヒートで走行できなくなった場合、交通渋滞の原因になるだけでなく、事故のきっかけを作ることにもなってしまいます。また、エンジンが焼き付いてしまった場合には、多額な修理費を要したり廃車を検討しなければいけなくなることもあります。

車両火災

日常点検で燃料ホースまで点検することはないと思いますが、燃料ホースが劣化して亀裂ができてしまうと燃料漏れが起きてしまいます。漏れた燃料に着火して車両火災になることもあります。また、エンジンオイルの交換を怠って長い間使い続けてしまうと、オイル劣化による潤滑不良が原因で、最悪の場合には車両火災につながる危険性もあります。

お急ぎのロードサービスはこちら→