秩父郡でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 埼玉県 > 秩父郡

秩父郡でのレッカー移動サービスに24時間対応

秩父郡での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
秩父郡でのレッカー移動などロードサービス料金
秩父郡対応のロードサービス(レッカー移動業者)

秩父郡でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

秩父郡内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、横瀬町・皆野町・長瀞町・小鹿野町・東秩父村など、秩父郡内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

秩父郡でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
秩父郡対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

秩父郡でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

秩父郡のレッカー移動ロードサービス対応情報

横瀬町・皆野町・長瀞町・小鹿野町・東秩父村など、秩父郡内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

秩父郡でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

秩父郡でのロードサービス(レッカー)対応事例

秩父郡で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

秩父郡東秩父村:走行中にパンクして路肩に避難中の車両をレッカー搬送

出張場所:秩父郡東秩父村の県道11号線道路脇

車種:レクサスLS460

お客様のコメント:道路上に落ちていた何か硬いものをタイヤで踏ん付けた感触があり、まもなく居眠り運転防止用のセンターラインを踏んだ時の様な音が聞こえ始めました。異常な振動も感じましたので「パンク?」と思い、アクセルを戻しつつ車を路肩に寄せて停止しました。

タイヤはペチャンコになっており、一気にタイヤの空気が抜けたので、パンク修理キットでは全然役に立たないと思いました。昔の車の様に応急タイヤとジャッキ、車載工具があれば自分でもタイヤ交換できるのですが、今の車はそういうものがありません。

パンクしたのが昼間で良かったです。レッカー移動の電話をした時にお伝えしましたが、最寄りのタイヤを扱っているカーショップかタイヤ屋さんまで車を運んでください。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

秩父郡の警察署・役場の連絡先

  • 秩父警察署(管轄)(皆野町・長瀞町・横瀬町):秩父市上宮地町29番2号「TEL:0494-24-0110」
  • 小鹿野警察署:秩父郡小鹿野町小鹿野2816番地1「TEL:0494-75-0110」
  • 小川警察署(管轄)(東秩父村):比企郡小川町大字小川344番地「TEL:0493-74-0110」
  • 横瀬町役場:秩父郡横瀬町大字横瀬4545「TEL:0494-25-0111」
  • 皆野町役場:秩父郡皆野町大字皆野1420-1「TEL:0494-62-1230」
  • 長瀞町役場:秩父郡長瀞町大字本野上1035番地1「TEL:0494-66-3111」
  • 小鹿野町役場:秩父郡小鹿野町小鹿野89番地「TEL:0494-75-1221」
  • 東秩父村役場:秩父郡東秩父村大字御堂634番地「TEL:0493-82-1221」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

車の故障「オーバーヒートした時の対処法」

車の故障「オーバーヒートした時の対処法」

車の故障は、バッテリーやタイヤなどに関係するものが多いですが、エンジンに大きなダメージを与えてしまう「オーバーヒート」を起こすこともあります。昔と比べれば、車の性能が上がってオーバーヒートを起こす件数は減っているものの、適切な対処をしないと高額な修理費用を覚悟しなければいけなくなることがあります。

もしも、車を運転中にオーバーヒートを起こしてしまった場合は、以下の様な対処をすると良いでしょう。

安全な場所に停車

何よりも大事なことは、交通事故の原因にならない様に、速やかに安全な場所に車を停車させることです。また、オーバーヒート状態のまま走行を続けてしまうとダメージが蓄積して、無理に走行を続けたせいでエンジンが壊れてしまうこともあります。

停車する場所は、できるだけ広くて安全な場所が望ましいです。しかし、その様な場所が見つからない場合は、後続車の邪魔にならない様に道路脇に停車するしかありません。やむを得ず道路脇に停車した場合は、ハザードランプや発煙筒、三角停止表示板などで停車していることを周囲に知らせる安全措置を行ってください。

アイドリング状態で水温が下がるか確認

メーターパネルの水温計がHを振り切っていない状態であれば、エンジンの冷却系統が機能している可能性があります。アイドリング状態で水温計の値が下がるかどうか確認します。水温が下がらない場合は、冷却系統で何らかの異常が起きていることが考えられますので、エンジンを完全に停止します。

アイドリング状態で水温が下がった場合は、その後に運転することも可能です。但し、水温計が上昇した原因が分からない場合は、すぐに整備工場などで点検してもらった方が良いでしょう。

ボンネットを開けてエンジンを冷やす

エンジンルームの中が高温になっている状態ですので、ボンネットを開けてエンジンルームの風通しを良くします。この時、エンジンやラジエーターなどは、過度な高温状態になっていますので触らない様にして、火傷に注意する必要があります。

冷却系統の点検

ラジエーターから冷却水が噴き出していないか、冷却水のリザーバータンクが空になっていないかなどを点検します。冷却水が不足している場合は、冷却水を入れて走行できることもあります。但し、冷却水が不足してしまった原因があるはずですので、どこで冷却水漏れを起こしているか整備工場などで点検・修理をしてもらってください。

レッカーで車の移動

オーバーヒートの対処法としては、初期症状であればエンジンをかけたままアイドリング状態で冷却したり、冷却水を足しながら走行する方法もあります。しかし、対処法を誤るとエンジンを壊してしまうことがありますので、下手に車を動かさずにロードサービスを利用して、最寄りの整備工場までレッカー移動することをお勧めします。

秩父郡でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
秩父郡対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→