埼玉県でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 埼玉県

埼玉県でのレッカー移動サービスに24時間対応ロードサービス

埼玉県のロードサービス(レッカー業者)

埼玉県でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

レッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

埼玉県内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出などのレッカーサービスは、さいたま市/越谷市/久喜市/熊谷市/三郷市/春日部市/所沢市/川越市/川口市//秩父市などを拠点としております。埼玉県でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

埼玉県でのレッカーサービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

レッカーサービスの料金詳細はこちら

埼玉県でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
埼玉県対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

埼玉県のレッカーサービス対応情報

生活トラブルSOSのレッカーサービスは、全国の加盟店並びに提携業者による全国均一価格で、お客様に一番近い埼玉県エリア担当の技術者が全国均一の格安な料金で現地に急行します。

作業中の事故や損傷も全店賠償責任保険加入済みですので安心です。会員制ではありませんので、年間契約などの面倒な手続きは必要ありません。埼玉県内で事故や故障、車検切れ車の搬送や廃車手配などでレッカー移動が必要になった場合は、ぜひお気軽にお電話ください。必要に応じて事故車や故障車の車両預かりにも対応しております。

埼玉県のレッカーサービス対応エリア

埼玉県対応ロードサービス

ロードサービス・トピックス

タイヤのパンクも自動車のトラブルとしては多い方ですが、運転している時にパンクしてもドライバーは気づかないことがあります。タイヤの空気はたくさん抜けた状態であれば気づくと思いますが、ほとんどの場合は、アクセルが重く感じたり、ハンドル操作に違和感を覚える症状が出て気づきます。

セルモーターは回るがエンジンがかからない時の主な原因

エンジンがかからない時の主な原因

車のエンジンがかからなくなる原因で一番多いのは「バッテリー上がり」ですが、バッテリー上がりではなく、セルモーターがいつものように回るのにエンジンがかからない場合は、バッテリー上がり以外を疑って対処しなければいけなくなります。

バッテリーやセルモーター以外で考えられる原因としては、スパークプラグや燃料ポンプの不具合、リレーやエンジン関連のヒューズ切れなどが考えられます。

スパークプラグのかぶり

エンジンがかかりそうになるのにエンジンがかからない場合は、スパークプラグのかぶりが考えられます。最近の車では減ってきていますが、スパークプラグの火花が飛ぶ部分がガソリンで濡れた状態になると、火花が飛ばせないためエンジンがかからなくなります。

スパークプラグのかぶりは、一度エンジンがかかってしまえば、すぐに再発することは少ないですが、もしもスパークプラグかぶりの疑いがある場合は、以下のような方法で対処することができます。

アクセル全開でエンジンをかけてみます。これでかからない場合は、スパークプラグを取り外して清掃してみます。多分、スパークプラグかぶりが原因であれば、火花が飛ぶ部分がガソリンで濡れていると思います。スパークプラグの状態が悪くなっていることも考えられますが、その場合はエンジンも不調になりますので、故障個所の判断は車の整備士さんにお任せした方が良いでしょう。

燃料ポンプの故障

燃料ポンプが故障してしまうと、エンジンに燃料を送れなくなりますのでエンジンがかからなくなります。燃料ポンプが故障した時は、スパークプラグのかぶりと違ってエンジンがかかる気配を感じないのが特徴です。
稀にですが燃料タンクを叩くと燃料ポンプが動き出すこともありますが、一般の方では燃料ポンプの故障を判断することは難しいですので、整備士さんにみてもらった方が良いでしょう。

リレーの故障やヒューズ切れ

最近の車は、ほとんどリレーやヒューズ切れが起きることはありませんが、何らかの電装品をご自分で取り付けた後にエンジンがかからなくなった場合は、配線ミスや作業時のショートなどが原因になってヒューズが切れていることもあります。また、燃料ポンプをON/OFFするリレーの調子が悪くなり、エンジンがかからなくなることもあります。

その他の原因

ハンドロックがかかっている場合も、ハンドルロックを解除しないとエンジンをかけることができません。また、エンジンをかける時の操作ミスでエンジンがかからないこともあります。オートマチック車であれば、シフトレバーが「Pレンジ」または「Nレンジ」以外ではエンジンがかかりません。

いつも乗っている車であれば、すぐに操作ミスに気付くと思いますが、レンタカーや修理中の代車などを運転する時は注意が必要です。最近はスマートキー仕様の車が増えてきていますが、スマートキーの電池切れでエンジンがかからないこともあります。

バッテリー上がり、スパークプラグや燃料ポンプの不具合、リレーやエンジン関連のヒューズ切れ以外にも、エンジンがかからない原因は様々です。スマートキー車のように、これから新しい仕様の車が出てくれば、エンジンをかける時の操作や条件も変わってくるかもしれません。

エンジンがかからない場合は、もしかしたら操作ミスが原因かもしれませんので、まずは落ち着いて冷静になることが大事だと思います。

レッカーサービスの料金詳細はこちら

埼玉県での業者選びは電話品質と安心の適正価格
埼玉県対応ロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

ロードサービスの概要説明はこちら→