行田市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 埼玉県 > 行田市

行田市でのレッカー移動サービスに24時間対応

行田市での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
行田市でのレッカー移動などロードサービス料金
行田市対応のロードサービス(レッカー移動業者)

行田市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

行田市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、行田市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

行田市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
行田市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

行田市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

行田市のレッカー移動ロードサービス対応情報

行田市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

行田市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

行田市でのロードサービス(レッカー)対応事例

行田市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

行田市持田:オーバーヒート症状が出ている車両をレッカー搬送

出張場所:行田市持田にお住いのお客様ご自宅

車種:ダイハツ ミラ

お客様のコメント:買い物に行くため車を運転して出掛けたのですが、メーターパネルの警告灯が点灯したまま消えないので、気になってすぐに自宅に戻り兄に見てもらいました。そして、車の販売店に電話してもらってどうすれば良いか相談してもらいました。

少し時間が経ってからエンジンをかけても、エンジンの警告灯が点灯して水温計が上がった状態になります。販売店の整備工場に車を運んでもらうため、自分でレッカー車の手配をしましたが、販売店の整備担当の方からレッカー車までの移動くらいだったら、一時的にエンジンをかけても大丈夫と言われました。

自宅から搬送先までの8キロくらいのレッカー搬送になりますが、よろしくお願いします。自分は兄の車に乗せてもらってレッカー搬送先に向かいます。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

行田市の警察署・市役所の連絡先

  • 行田警察署:行田市大字長野4195-1「TEL:048-553-0110」
  • 行田市役所:行田市本丸2番5号「TEL:048-556-1111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

車のエンジンがかからない時の故障原因と症状

車のエンジンがかからない時の故障原因と症状

車のエンジンが始動する時には、バッテリーの電力でセルモーターが回り、その力とバッテリーの電力を使いスパークプラグが点火して燃料が噴射され、エンジン内で定期的な爆発が起きてエンジンが始動します。

この様な仕組みで車のエンジンが始動しますので、エンジンがかからない場合は、一番先にバッテリーやセルモーターの異常を疑うことになります。

バッテリー上がり

バッテリー上がりは、ヘッドライトやルームランプの消し忘れなど、人為的なミスで起こり易いトラブルです。エンジンがかからない時に真っ先に疑うべきは、バッテリー上がりです。ライト類の消し忘れなど、一時的な過放電でバッテリー上がりになった場合は、ジャンピングスタート後に走行充電したり、バッテリーチャージャーなどで充電すれば、エンジンを始動して走れる様になります。

バッテリー液の液量不足もバッテリーに異常が現れます。液量が不足している場合、バッテリー液をご自分で補充することもできますが、補充できないバッテリーの場合は、整備工場などにご依頼ください。

また、バッテリーの端子部分が劣化している場合や、冬場などの気温低下でバッテリーの性能が低下している可能性もあります。車のバッテリーは、一般的に2~3年で寿命による交換が必要になる消耗品です。一時的な過放電やバッテリーに異常がない場合は、バッテリーそのものが寿命を迎えていることが疑えます。

新しいバッテリーに交換しても、すぐにバッテリー上がりが再発する場合は、発電系統の故障で走行中にバッテリーが充電されていない可能性があります。バッテリーが何度も上がってしまう場合は、発電機の役割をしているオルタネーターの故障が考えられます。

セルモーターの故障

エンジンが始動する前にエンジンをかけるためのモーターである「セルモーター」が回ります。ヘッドライトやルームランプが問題なく点灯し、パワーウィンドウなども問題なく動作する場合は、バッテリーは問題なく機能している状態です。

バッテリーが正常な状態でエンジンがかからない場合は、セルモーターが故障している可能性が高いと考えられます。バッテリーの充電やバッテリー交換は、ある程度の知識と経験があれば、ご自分でも対処が可能です。一方、セルモーターの故障はご自分での修理対応は難しいので、整備工場にご相談ください。

その他

バッテリーやセルモーターが正常に働いているのにエンジンがかからない場合は、ガス欠やエンジンオイル漏れ、ラジエーター関係の故障なども考えられます。メーターパネルの警告灯で知られてくれるトラブルもありますが、オイル漏れや冷却水漏れは、オイルや冷却水そのものが車の下に漏れていることが多いですので、車の下を覗いてみてください。

行田市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
行田市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→