比企郡でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 埼玉県 > 比企郡

比企郡でのレッカー移動サービスに24時間対応

比企郡でのレッカー移動などロードサービス料金
比企郡対応のロードサービス(レッカー移動業者)

比企郡でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

比企郡内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、滑川町・嵐山町・小川町・川島町・吉見町・鳩山町・ときがわ町など、比企郡内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

比企郡でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

比企郡でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
比企郡対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

比企郡のレッカー移動ロードサービス対応情報

滑川町・嵐山町・小川町・川島町・吉見町・鳩山町・ときがわ町など、比企郡内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

比企郡でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

比企郡でのロードサービス(レッカー)対応事例

比企郡で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

比企郡滑川町:クラッチ故障の走行不能車両をレッカー搬送

出張場所:比企郡滑川町内の県道47号線道路脇

車種:トヨタ チェイサー

お客様のコメント:異音やクラッチが滑るなど、クラッチの調子が悪くなってきたことは分かっていたのですが、まだ大丈夫と思ってだましだまし車に乗っていました。今となっては早めに修理しておけば良かったと思うのですが、クラッチが壊れて運転できなくなってしまいました。

クラッチ操作が好きなので、古い年式のマニュアル車に乗っていますが、故障して走れなくなるのは初めてです。修理にいくらかかるか心配ですが、とりあえず修理工場ではなく自宅まで車を運んでもらおうと思い、レッカー移動してくれる業者さんをネットで検索して探しました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

参考情報:比企郡の警察署・役場の連絡先

  • 滑川町役場:比企郡滑川町大字福田750-1「TEL:0493-56-2211」
  • 嵐山町役場:比企郡嵐山町大字杉山1030番地1「TEL:0493-62-2150」
  • 小川町役場:比企郡小川町大字大塚55「TEL:0493-72-1221」
  • 川島町役場:比企郡川島町大字下八ツ林870番地1「TEL:049-297-1811」
  • 吉見町役場:比企郡吉見町大字下細谷411「TEL:0493-54-1511」
  • 鳩山町役場:比企郡鳩山町大字大豆戸184番地16「TEL:049-296-1211」
  • ときがわ町役場:比企郡ときがわ町大字玉川2490番地「TEL:0493-65-1521」
  • 小川警察署(管轄:小川町・嵐山町・ときがわ町):比企郡小川町小川344「TEL:0493-74-0110」
  • 東松山警察署(管轄:吉見町・川島町・滑川町):東松山市大字上野本1117番地1「TEL:0493-25-0110」
  • 西入間警察署(管轄:鳩山町):坂戸市関間2丁目4番17号「TEL:049-284-0110」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

車の故障「オーバーヒートの症状」

車の故障「オーバーヒートの症状」

車を運転していると、オーバーヒートで故障することも考えられます。通常、エンジン周りが熱くなって温度が上昇すると、冷却システムが機能してエンジンが熱くなり過ぎるのを抑えてくれます。しかし、メンテナンス不足や故障が原因で、エンジンの温度が正常値を超えて熱くなり過ぎるとオーバーヒートすることがあります。

末期症状になると故障した部品だけでなく、エンジンまで焼き付いてしまうことがあります。エンジン交換が必要な修理になってしまうと、高額な修理代がかかる様になり、状況によっては廃車を検討せざるを得ない場合もあります。

オーバーヒートの確認方法

エンジンルームから水蒸気が噴き出してくれば、オーバーヒートに気付くと思いますが、それ以前に気付く方法もあります。エンジンが異常に熱くなっている状態ですが、エンジンは通常も熱くなっていますので、実際に見ただけでは温度が高過ぎるのかどうかは分かりません。

そのために計器類がある訳ですが、エンジンの温度の状態はメーターパネルの水温計や警告灯で知ることができます。一般的な車種では、水温計がHとCマークで示されることが多いですが、冷却水の水温は水温計の針がHに近づくほど水温が高くなってエンジンも熱くなっています。水温計がHを振り切って警告灯が点灯した場合は、危険な状態ですので、すぐに適切な処置を施す必要があります。

状態を「初期状態・中期状態・末期状態」に分けると、以下の様な症状になります。

初期症状
メーターパネルの水温計もH付近を示していると思いますが、車の運転中にいつもと違う違和感を感じる場合があります。いつもの運転中には感じない違和感を感じた場合は、水温計を確認してみると良いでしょう。初期症状で適切な処置を行えば、車への大きなダメージを防ぐことができます。

初期段階では以下の様な症状が確認できます。

●水温計がH付近を示している
●アクセルを踏み込んでもスピードが上がらない気がする
●アクセルを踏み込んだ時に異音がする
●エンジンの回転数が不安定
●エンジンルーム付近から甘い匂いがしてくる(冷却水が漏れている時)

中期症状
水温計の針がHを振り切り、警告灯が点滅し始めた場合は中期症状です。謙虚に症状が現れますので、水蒸気が噴き上がるなど以下の様な症状が現れた場合は、速やかに対処しなければいけません。

●水温計がHを超える、または振り切っている。
●アクセルを踏み込んでいないとエンジンが止まってしまう。
●エンジンルームから水蒸気が噴き上がっている。

末期症状
バーヒートの原因になった箇所だけではなく、エンジンが焼き付いてしまうことがあります。エンジン故障は、エンジン交換での修理が必要になるケースもあり、高額な修理費用が必要になる場合もあります。廃車を覚悟しなければいけなくなるケースもありますので、初期症状や中期症状などの早い段階でオーバーヒートに気付いて適切に対処をする必要があります。

お急ぎのロードサービスはこちら→