鶴ヶ島市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 埼玉県 > 鶴ヶ島市

鶴ヶ島市でのレッカー移動サービスに24時間対応

鶴ヶ島市でのレッカー移動などロードサービス料金
鶴ヶ島市対応のロードサービス

鶴ヶ島市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

鶴ヶ島市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、鶴ヶ島市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

鶴ヶ島市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

鶴ヶ島市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
鶴ヶ島市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

鶴ヶ島市のレッカー移動ロードサービス対応情報

鶴ヶ島市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

鶴ヶ島市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

鶴ヶ島市でのロードサービス(レッカー)対応事例

鶴ヶ島市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

鶴ヶ島市脚折:シフトチェンジできなくなった故障車のレッカー搬送

出張場所:鶴鶴ヶ島市脚折内の店舗駐車場

車種:日産 スカイライン

お客様のコメント:シフトギアがバックに入らなくなり、駐車場から移動できなくなってしまいました。マニュアル車の方が自分でシフトチェンジしながら運転できるのでマニュアル車に乗っています。古い年式の車なので、シフトギアが壊れてしまったのかも知れません。

駐車場が民家に面しているためか、「前面駐車でお願いします。」と表示があったのでそれに従ったのですが、シフトギアの故障でバックできないので、駐車場から出れなくなってしまいました。広い駐車場であれば何とかなるかも知れませんでしたが、道路に面している駐車場なので一人で無理なことはできないと思い、ロードサービスのお世話になることにしました。

年式が古い車で時々故障もするので、日頃は個人経営の整備工場でお世話になっています。先ほど、その整備工場に電話して相談したのですが、レッカー車で車を持って行くことを伝えてあります。整備工場まで同乗もお願いします。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

鶴ヶ島市の警察署・市役所の連絡先

  • 西入間警察署(管轄):坂戸市関間2丁目4番17号「TEL:049-284-0110」
  • 鶴ヶ島市役所:鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1「TEL:049-271-1111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

車のエンジンがかからない時の確認事項

車のエンジンがかからない時の確認事項

車に乗り込んで出発しようとした時に「エンジンがかからない!」という事態に陥る可能性は誰にでもあります。エンジンがかからない原因にはいくつかのケースがありますが、エンジン始動時の操作ミスの場合もありますので、バッテリー上がり以外にもシフトポジションやハンドルロック、スマートキーの電池切れなども確認してみると良いでしょう。

バッテリー上がり

車のエンジンがかからない原因で多いのは、何と言ってもバッテリー上がりが多いです。バッテリー上がりは、ライト類の消し忘れや半ドアによる室内灯の長時間点灯などのうっかりミスで起こる場合が多いです。

最近はエンジンを停止した時にライトの消し忘れを警告音で教えてくれる車が多くなってきました。そのため、以前よりはライトの消し忘れでバッテリー上がりになるトラブルは減っている様です。但し、急いでいたり慌てていると、ライトをうっかり消し忘れたまま車を離れてしまうこともあります。特にトンネルを昼間に走行した時にヘッドライトを点灯して、そのまま消し忘れてしまうことが多いですのでご注意ください。

ライト類の消し忘れなど、一時的な過放電によるバッテリー上がりであれば、充電やジャンピングでエンジンを始動すれば回復します。しかし、バッテリー上がりを起こすとバッテリーにダメージを与えてしまいますので、できるだけバッテリー上がりを起こさない様に注意した方が良いでしょう。

バッテリーを充電しても、すぐにバッテリー上がりが再発してしまう場合は、バッテリーが交換時期を迎えている場合が多いです。この様な場合に古いバッテリーであればバッテリー交換を行ってください。

シフトポジションの位置

オートマチック車が多くなっていますが、オートマチック車はシフトポジションが「P」または「N」になっていないと、エンジンがかからない仕組みになっています。シフトポジションが「P」になっているのにエンジンがかからない場合は、一旦シフトレバーを動かしてから「P」に戻してエンジン始動を試してみると良いでしょう。

シフトレバーを操作してもダメな場合は、稀にセンサーが故障していることもあります。センサー故障の場合には、整備工場での修理が必要ですので、ロードサービスなどでレッカー移動の手配を行ってください。

ハンドルロック

キーを抜いた状態でハンドルを回すと、防犯機能が働いてハンドルロックがかかります。ハンドルロックは、自動車盗難対策のための機能ですが、ハンドルロックがかかった状態ではエンジンがかかりません。
ハンドルロックは、イグニッションにキーを挿して回した状態で、ハンドルを左右に回せば解除することができます。

スマートキーの電池切れ

スマートキーの車が多くなってきましたが、スマートキーの電池切れでエンジンがかからないこともあります。但し、スマートキーが電池切れ気味であった場合は、エンジンのスタートボタンにスマートキーを近づけると、エンジンをかけることができる車種もあります。

スマートキーが電池切れ気味の時にエンジンを始動する方法については、車の取扱説明書に記載されている場合が多いですので、一度確認しておくことをお勧めします。


エンジンがかからない時は、ご自分でも対処できるケースもあります。まずはエンジン始動時の操作に間違いがないかをご確認ください。

お急ぎのロードサービスはこちら→