春日部市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 埼玉県 > 春日部市

春日部市でのレッカー移動サービスに24時間対応

春日部市でのレッカー移動などロードサービス料金
春日部市対応のロードサービス

春日部市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送します。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

春日部市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、内牧・豊春・幸松・粕壁・武里・豊野・庄和地区など、春日部市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

春日部市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

春日部市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
春日部市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

春日部市のレッカー移動ロードサービス対応情報

内牧・豊春・幸松・粕壁・武里・豊野・庄和地区など、春日部市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

春日部市でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

春日部市でのロードサービス(レッカー)対応事例

春日部市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

春日部市粕壁:事故で壊れたハーレーの搬送

出張場所:春日部市粕壁のコンビニ駐車場

車種:ハーレーダビッドソン

お客様のコメント:主人が交差点で事故に遭ったと警察から電話があり、昨日は病院に駆け付けました。主人はバイクだったので骨盤を骨折してしまい身動きできない状態です。バイクをどうするかバイク屋さんに相談したところ、主人が回復するまで預かってくれることになりました。

壊れたバイクは、近くのバイク好きのコンビニ店長が預かってくれましたが、修理するかどうかは主人と相談してから決めることになりました。バイクを預かってくれるバイク屋さんまで距離があるため、バイクを運ぶのは自分で手配することになりました。バイク屋さんまで同行することはできませんが、バイク屋さんの〇〇さんに事情は伝えてあります。料金の支払いにクレジットカードが使えて良かったです。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

春日部市の警察署・市役所の連絡先

  • 春日部警察署:春日部市大沼1丁目82「TEL: 048-734-0110」
  • 春日部市役所:春日部市中央六丁目2番地「TEL: 048-736-1111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

長距離を運転する前に点検するポイント

長距離運転での眠気対策

年末年始やお盆などでの帰省、ゴールデンウィークや週末の連休などを利用してのドライブは、長距離を運転することが多いと思います。長距離を運転するということは、それだけ車が故障するリスクがあるということです。

故障したとしても自宅近くであれば、対処しやすい場合もありますが、自宅から離れた知らない土地で故障したら大変なことになります。

少しでも車のトラブルに対する不安を解消できる様に、万全の準備をしてから出掛けたいものです。そのためには、長距離運転する前に以下の様な箇所を点検しておくと良いでしょう。もし、補充や交換が必要な場合は、必ず行ってからお出掛けした方が良いでしょう。

タイヤの空気圧や状態

長距離運転する時は、高速道路を走る機会が増えると思いますが、時速80キロ以上のスピードで長時間走ることになります。ずっと路面に設置して車体を支えているタイヤは、非常に重要な車のパーツです。

タイヤの空気圧が適正か、亀裂が入っていたり、擦り減り過ぎていないかを出発前に必ず点検する必要があります。タイヤの空気圧が不足していると、走行中にハンドルが取られて直進性が悪くなりますが、亀裂やヒビと共に最悪の場合にはバーストしてしまう危険性があります。

タイヤの空気圧は、メーカーが指定する適正値にする必要がありますので、運転席ドアの開口部に明記してある数値に調整してください。前後のタイヤで適正値が違う場合もありますが、ドア開口部に明記してあるシールがない場合は、車の取扱説明書でご確認ください。もし、タイヤやホイールを交換してある場合は、必ず交換時に適正値を控えておいてください。

摩耗して擦り減り過ぎているタイヤも非常に危険です。スリップラインが見えているなどの場合には、長距離運転前に交換しておいた方が良いでしょう。

エンジンオイル

エンジンオイルは、走行距離や使用期間を目安として新しいオイルに交換しなければいけません。オイルが汚れ過ぎていたり、量が不足しているとエンジントラブルの原因になります。例えば、東京と青森を往復した場合は、約1,400キロ走ることになります。もし、ドライブ中にオイル交換の走行距離を超えてしまう場合は、早めであってもオイル交換してから出掛けた方が安心できます。

冷却水

エンジンに負荷がかかる高速走行が長い時間続きますので、冷却水の役割は重要です。冷却水が不足していると、オーバーヒートの原因になる恐れがあります。通常では冷却水が不足することはありませんが、点検することで冷却水漏れがあった場合は、出発前に修理することもできます。もし、冷却水が不足している場合は規定範囲になる様に補充してください。

バッテリー

エンジンキーを回したり、エンジンスタートボタンを押した時に、セルモーターの回転が弱々しい場合は、ドライブ中にバッテリー上がりになる可能性があります。バッテリーの寿命や充電不足が考えられますが、バッテリー交換してから3年以上経っている場合は、新しいバッテリーに交換してから出発した方が良いでしょう。

燃料の確認

帰省の時期には大渋滞が起きやすいです。渋滞中にガス欠になったら大変です。高速道路はサービスエリアで給油することができますが、大渋滞が起きている時には、サービスエリアに入ることもできないくらい車が混み合います。

給油しようと予定したところで給油できない可能性もありますので、出発前には必ず満タン状態にしておくことをお勧めいたします。

お急ぎのロードサービスはこちら→