国立市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 東京都 > 国立市

国立市でのレッカー移動サービスに24時間対応

国立市での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
国立市でのレッカー移動などロードサービス料金
国立市対応のロードサービス(レッカー移動業者)

国立市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

国立市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、谷保・東・矢川・青柳・西・富士見台・泉・北・石田・中・くにたち市民総合体育館・フレスポ国立南・国立市古民家・くにたち市民芸術小ホール・ポポロショッピングセンター国立・国立温泉湯楽の里・国立市南区公会堂など、国立市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

国立市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
国立市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

国立市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

国立市のレッカー移動ロードサービス対応情報

国立市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

国立市のロードサービス対応エリア

国立市でのロードサービス(レッカー)対応事例

国立市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援に24時間対応で出張します。

  • 【あ】泉/石田/青柳
  • 【か】北
  • 【な】中/西
  • 【は】東/富士見台
  • 【や】谷保/矢川

国立市内の上記および周辺地域のロードサービス対応・・・お任せ下さい!

国立市内のレジャー先や各施設へもレッカーサービス緊急出動します!

  • 国立市役所/国立市保健センター/南区公会堂/国立市公民館/国立市環境センター/くにたち市民総合体育館/くにたち市民芸術小ホール/くにたち郷土文化館/国立市古民家/青柳稲荷神社
  • 国立あおやぎ苑/くにたち南市民プラザ/内科小児科大久保医院/谷保天満宮/流域下水道処理場広場/一橋大学兼松講堂/山下皮膚科医院/滝乃川学園本館/くにたち北市民プラザ
  • たまらん坂/湯楽の里/UR国立団地/大学通り/矢川緑地/岡産婦人科/ママ下湧水/国立駅前あき乃クリニック/長久保病院/特別養護老人ホームくにたち苑/国立中央診療所/フレスポ国立南
  • 武蔵野産婦人科/都立国立高等学校/くにたち/ポポロショッピングセンター南口診療所/西友-柳店/西友-国立店/駅前交番/富士見台交番/谷保交番/温泉湯楽の里/くにたち福祉会館
  • 子ども家庭支援センター/駅前郵便局/国立市商工会/国立市教育センター/中区地域安全センター/レストヴィラ・国立矢川/サンビレッジ/くにたち郷土文化館・・・他
  • 公園:谷保第三/河川敷/城山公園・・・他

国立市内の駅周辺や沿線地域でのレッカー移動ご依頼にもスピード対応します!

  • 矢川/谷保/国立駅

国立市の警察署・市役所の連絡先

  • 立川警察署(管轄):立川市緑町3233番地の2「TEL: 042-527-0110」
  • 国立市役所:国立市富士見台2-47-1「TEL: 042-576-2111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

ブレーキリザーバータンクで液量チェック

ブレーキはクルマを制止させる非常に大切な装備です。ブレーキ液量を点検することは非常に重要な作業です。また、ブレーキ液量が足りない場合は、ご自分でも液の追加ができますが、その際は取扱説明書でブレーキリザーバータンクの位置や目盛り、ブレーキ液の種類を間違えない様、注意してください。

●リザーバータンクに刻印されているMAX(上限)とMIN(下限)の目盛りの間に液面があることを点検します。

●液面がMIN(下限)より低くブレーキ液が足りない場合や、MIN(下限)付近にある場合は、ブレーキ液の追加が必要です。ただし、ブレーキ液が減っている場合は、どこかで漏れている可能性がありますので、ディーラーや修理工場で点検してもらうと安心です。ブレーキ液が減っていると、空気の混入などが原因でブレーキの効き具合が悪くなったり、ブレーキ系統からの液漏れが発生していることが考えられますので、いざという時にブレーキがかからず、事故につながる危険性があります。

●異なる銘柄や性能のブレーキ液を混ぜてしまったり、粗悪品をブレーキタンクに入れてしまうと、ブレーキの効き具合やブレーキ系統に悪影響を及ぼし、ブレーキが原因で事故につながる危険性がありますので注意してください。

国立市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
国立市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→