東京都でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 東京都

東京都でのレッカー移動サービスに24時間対応

東京都のレッカー業者

東京都でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

レッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

東京都内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出などのレッカーサービスは、世田谷区/練馬区/大田区/江戸川区/足立区/板橋区/葛飾区/江東区/品川区/新宿区/荒川区/港区/渋谷区/町田市/八王子市/多摩市/西東京市などを拠点としております。東京都でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

東京都でのレッカーサービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

レッカーサービスの料金詳細はこちら

東京都でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
東京都対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

東京都のレッカーサービス対応情報

生活トラブルSOSのレッカーサービスは、全国の加盟店並びに提携業者による全国均一価格で、お客様に一番近い東京都エリア担当の技術者が全国均一の格安な料金で現地に急行します。

作業中の事故や損傷も全店賠償責任保険加入済みですので安心です。会員制ではありませんので、年間契約などの面倒な手続きは必要ありません。東京都内で事故や故障、車検切れ車の搬送や廃車手配などでレッカー移動が必要になった場合は、ぜひお気軽にお電話ください。必要に応じて事故車や故障車の車両預かりにも対応しております。

東京都のレッカーサービス対応エリア

東京都対応ロードサービス

ロードサービス・トピックス

タイヤのパンクも自動車のトラブルとしては多い方ですが、運転している時にパンクしてもドライバーは気づかないことがあります。タイヤの空気はたくさん抜けた状態であれば気づくと思いますが、ほとんどの場合は、アクセルが重く感じたり、ハンドル操作に違和感を覚える症状が出て気づきます。

自動車のエンジンが故障した時の症状や原因

自動車のエンジンが故障した時の症状や原因

車のエンジン付近は、あまり気にしていない方も多いと思いますが、自動車の故障の中でも最も気をつけなければならない代表格はエンジン故障です。

エンジン故障は廃車にもつながることもありますので、エンジン故障の予兆を見極めて異常を感じた時には、早期に適切な対処をする必要があります。

エンジン故障が廃車につながりやすい理由

エンジン故障は、複数箇所の故障が原因になっていることが多く、修理する際もエンジン本体が故障すると、エンジンごと交換しての修理が必要になることもあります。エンジン交換には部品代や工賃などを合わせると、50万円を超えることも珍しくはありませんので、年式や走行距離を考えて廃車することを選ばざるを得ない状況になることがあります。

複数箇所の故障に及びやすいエンジン故障

エンジンが故障した場合、一箇所の故障だけでなく複数箇所の故障に及んでいる可能性が高いです。故障原因を探っていくことで、新たな故障箇所が見つかることもありますので、修理費用が高くなっていく可能性が高くなります。

エンジン故障はエンジン交換で対処するのが一般的

エンジン本体の故障ではなく、その周辺の故障であれば、その部品を修理したり交換することで修理できる可能性もあります。しかし、エンジン本体が故障した場合は、エンジン交換での修理が必要になるのが一般的です。

エンジンを交換修理した場合、その修理費用は部品代や工賃を合わせると50万円を超えてしまう場合も多いです。そのため、その車の年式や走行距離を考えると、修理するのはやめて廃車して車を買い換える選択になるケースも多いです。

エンジン本体の故障を回避するには

エンジン本体の故障に及ぶ前に、その周辺のラジエーターやオイル漏れなどの異常、そしてエンジンの音などで、エンジン本体の故障を未然に防ぐことも、ある程度は可能になります。何らかの異常を感じた場合は、その原因が何なのかを調べて早急に適切な対処をすることが必要になります。

ラジエーターの故障

ラジエーターが故障すると、エンジンの冷却が正常に行われなくなりますので、エンジンの温度が上昇してオーバーヒート状態になり、最終的にはエンジン焼付きという現象を起こしてしまいます。

ラジエーターが故障する主な原因は、ラジエーター本体やホースが破損してラジエーター内部の冷却水が漏れてしまうことが考えられます。また、ラジエーター内部に錆が発生して、その錆などが詰まって故障することもあります。

走行中にボンネット付近から水蒸気が出たり、メーターパネルの水温計上昇に気付いた場合は、直ちに走行をやめてエンジンを停止します。そしてボンネットを開けてエンジンルームや下回りなどを確認して、水漏れが起きていないか確認します。

ラジエーターから水漏れした場合は、不足している冷却水をミネラルウォーターなどで補って、修理工場まで行く方法もあります。しかし、無理に走行してエンジン本体を傷めることもありますので、レッカー搬送を利用して修理工場に運んだ方が良いでしょう。

エンジンオイル漏れ

エンジンオイルのタンクを何かにぶつけて損傷したり、パーツ類の劣化などで自然にオイルが漏れてしまうことがあります。エンジンが減った状態では、エンジンに負担をかけることになります。シリンダーやピストンなどの摩擦が大きくなりますので、エンジン焼付きを起こす原因になってしまいます。

エンジンオイルが漏れ出すと、駐車中に車の下に漏れたオイルが溜まります。車の乗る前に車の下を確認したり、車を移動した時に駐車していた地面を見て、オイル漏れしていないか確認する習慣を付けると良いでしょう。

エンジン音の変化に気を付ける

車に何らかの異常が発生すると、エンジン音が変化することがあります。例えば、エンジンオイルや冷却水不足になると異常な音がすることがあります。また、ペルト類に不具合が出た場合なども、いつもとは異なる音がする場合が多いです。

エンジン音の違いは、普段から意識していないと気づかないこともあります。耳を澄ませてエンジンの音に気を配ることで、車の異常を早期に発見することが可能になります。

レッカーサービスの料金詳細はこちら

東京都での業者選びは電話品質と安心の適正価格
東京都対応ロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

ロードサービスの概要説明はこちら→