昭島市でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 東京都 > 昭島市

昭島市でのレッカー移動サービスに24時間対応

昭島市でのレッカー移動などロードサービス料金
昭島市対応のロードサービス(レッカー移動業者)

昭島市でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

昭島市内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、拝島・松原・中神・昭和・朝日・美堀・大神・武蔵野・玉川・上川原・つつじが丘・福島・宮沢・築地・郷地・昭島市総合スポーツセンター・イオン昭島ショッピングセンター・国営昭和記念公園・MOVIX昭島・ザ・ビッグ昭島・イトーヨーカドー拝島など、昭島市内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

昭島市でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

昭島市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
昭島市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

昭島市のレッカー移動ロードサービス対応情報

昭島市内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

昭島市のロードサービス対応エリア

昭島市でのロードサービス(レッカー)対応事例

昭島市で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援に24時間対応で出張します。

  • 【あ】朝日/大神/東
  • 【か】郷地
  • 【さ】上川原/昭和
  • 【た】築地/つつじが丘/田中/玉川
  • 【な】中神町
  • 【は】拝島/福島
  • 【ま】宮沢/松原/美堀/緑/武蔵野

昭島市内の上記および周辺地域のロードサービス対応・・・お任せ下さい!

昭島市内のレジャー先や各施設へもレッカーサービス緊急出動します!

  • 昭島市公民館/昭島市役所/東部出張所/昭島警察署/昭島市民会館/昭島市民交流センター/ザ・ビッグ昭島/昭島市勤労商工市民センター/昭島市民プール/拝島公園プール
  • 玉川・大神・昭和・やまのかみ・富士見・堀向・福島・拝島・緑会館/昭島市民図書館/啓明学園高等学校/みほり体育館/昭島市総合スポーツセンター/昭和の森ゴルフコース/モリタウン
  • ビジネスホテル-オーク昭島/昭和の森スポーツセンター/保健福祉センター「あいぽっく」/多摩川ふれあい水族館/よしもとゲームアミュージアム/下の川/昭和高等学校
  • イオン昭島ショッピングセンター/イトーヨーカドー拝島/カインズホーム昭島/昭島市総合スポーツセンター/フォレスト・イン昭和館/ホテルS&Sモリタウン/MOVIX昭島
  • Dila拝島/昭島温泉-湯楽の里/拝島公園プール/拝島高等学校/アミュージアムキッズパーク昭島/HACHIKUバッティングスクール昭島校・・・他
  • 公園:昭和/国営昭和記念/多摩川緑地くじら運動/美の宮/大神公園・・・他

昭島市内の駅周辺や沿線地域でのレッカー移動ご依頼にもスピード対応します!

  • 拝島/中神/昭島/東中神駅

昭島市の警察署・市役所の連絡先

  • 昭島警察署:昭島市上川原町1丁目1-1「TEL: 042-546-0110」
  • 昭島市役所:昭島市田中町1-17-1「TEL: 042-544-5111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

エンジンルーム点検時の注意

エンジンが故障するとクルマを動かすことができなくなりますので、修理工場やディーラーまでレッカー移動が必要になります。突然のレッカー移動で困らない様、エンジンルームの点検を励行することも大切です。ただし、エンジンルーム点検時は注意が必要ですので、点検前に注意事項を再確認しておくことが重要です。

自動車整備の知識を持たないで、配線やホース配管を外すと元に戻せなくなったり、外しただけで故障の原因になる場合がありますので注意してください。また、走行中にエンジンルーム内は高温になる箇所があります。エンジン停止直後はラジエーターや排気管などの高温部に触れるとヤケドをする恐れがあります。

エンジンをかけた状態で点検すると、ファンベルトやファンなどの回転して動いている部分に触れて、怪我や事故につながる恐れがあります。また、エンジンルーム内には電気が通っているプラグやコードがあります。電気系統に触れると感電する恐れがあります。特に手が濡れている場合は注意が必要です。

エンジンルーム点検時の注意点は様々ですが、作業中にエンジンルーム内にものを置くと危険です。走行中に落ちて故障や事故の原因になったりします。また、布や紙、ビニール袋などの燃えやすいものを置き忘れると、高温部分で熱せられて出火する恐れがあります。

エンジンスイッチがON状態(エンジンのスタート/ストップスイッチがイグニッションONモード)で点検する時も注意が必要です。冷却ファンが一時停止している状態でも、冷却水の温度が高くなってくると再び自動的に動きだして怪我をする恐れがあります。また、イグニッションOFFモードでも動き出すことがありますので注意してください。

お急ぎのロードサービスはこちら→