台東区でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 東京都 > 台東区

台東区でのレッカー移動サービスに24時間対応

台東区での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
台東区でのレッカー移動などロードサービス料金
台東区対応のロードサービス(レッカー移動業者)

台東区でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

台東区内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、上野・浅草橋・蔵前・駒形・千束・入谷・浅草・雷門・秋葉原など、台東区内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

台東区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
台東区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

台東区でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

台東区のレッカー移動ロードサービス対応情報

上野・浅草橋・蔵前・駒形・千束・入谷・浅草・雷門・秋葉原など、台東区内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

台東区でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

台東区でのロードサービス(レッカー)対応事例

台東区で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

台東区浅草橋:セルモーターが故障した車両をレッカー移動

出張場所:台東区浅草橋のお客様ご自宅

車種:トヨタ ハイラックスサーフ

お客様のコメント:今朝、車で出掛けようとした時にエンジンがかからなくなってしまったので、バイクで出掛けて新しいバッテリーを買ってきました。バッテリー交換は自分で行ったこともあるので、手順は間違っていないと思うし、作業中にショートなどもしていません。

バッテリーの型番は、良く調べて購入してきたので間違ってはいませんので、エンジンルームの中にきちんと納まっています。

バッテリーを交換してもセルモーターが作動しないので、多分セルモーターが壊れてしまったのだと思います。修理はディーラーで行うので、ディーラーの整備工場まで車をレッカー移動してください。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

台東区の警察署・区役所の連絡先

  • 下谷警察署:台東区下谷3丁目15-9「TEL: 03-3872-0110」
  • 浅草警察署:台東区浅草4丁目47-11「TEL: 03-3871-0110」
  • 蔵前警察署:台東区蔵前1丁目3-24「TEL: 03-3864-0110」
  • 上野警察署:台東区東上野4丁目2-4「TEL: 03-3847-0110」
  • 台東区役所:台東区東上野4丁目5番6号「TEL: 03-5246-1111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

AT車でも走行中にエンストすることがある

AT車でも走行中にエンストすることがある

AT車だからエンストすることはないと油断していると、急なエンストが起きた時に適切な対処ができないことがあります。AT車でもエンストすることはありますが、故障が原因でエンストした場合や故障気味の状態で運転を続けてしまうと、修理箇所によっては高額な修理費用になってしまう場合もあります。

走行中にエンストした場合

駐車して走り出す時にエンストした場合は、エンジンをかけ直せれば特に問題はありません。しかし、走行中にエンストした場合は、ハンドルやブレーキ操作に影響がありますので注意しなければいけません。

走行中にエンストしてしまった場合は、できるだけ車を安全な場所に停車させることを優先させなければいけません。AT車を停車するためには、ギアをN(ニュートラル)に入れて、惰性で走行できる様にして、ハザードランプを点灯させて車に異常が起きたことを周囲の車に知らせながら、安全な場所に避難して停車する準備をします。

そして、ハンドル操作をしながらブレーキを踏んで安全な場所に停車を試みますが、エンストしてしまうとハンドルとブレーキのアシストが効かない状態になりますので、ハンドルもブレーキも普段よりもかなり重たく感じる様になります。しっかりとハンドルを握って操作し、減速具合を確認しながらブレーキも普段より強く踏み込んでください。

慌てていると忘れがちになりますが、停車できた後はキアをP(パーキング)に入れて、サイドブレーキをかけ、車が勝手に動かない様にしてください。

エンジンがかかるかどうか?

走行中にエンストしたので望みは薄いですが、エンジンがかかるかどうか試してください。メーターパネルの警告灯が何か点灯しているかも確認すると良いでしょう。エンジンが再始動できない場合、同乗者がいる様であれば、車を押してもらってもっと安全な場所に移動して停車してください。

後続車の追突を防ぐ安全措置

走行中にエンストしてしまうと、路肩に停車するしかない場合が多いと思いますが、路肩に停車した場合は後続車の追突を防止する安全措置をする必要があります。車に搭載している発煙筒や三角停止板使って、後続車に停車していることを伝えてください。

エンジンが再始動できない場合は、ロードサービスなどに連絡してレッカー移動することになりますが、レッカー車を待つ場合は車内に残らずに、ガードレールの外側などの安全な場所でお待ちください。

故障してエンストした場合の修理

故障した箇所によって、エンストした場合の修理費用は大きく変わってきます。エンジン以外の細かいパーツの故障であれば、数千円程度のパーツ交換で修理できる場合もあります。しかし、エンジンの焼き付きなどでエンジンそのものが壊れてしまった場合は、50万円を超える修理費用が掛かるなど、高額な修理代が必要になるケースもあります。

台東区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
台東区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→