板橋区でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 東京都 > 板橋区

板橋区でのレッカー移動サービスに24時間対応

板橋区での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
板橋区でのレッカー移動などロードサービス料金
板橋区対応のロードサービス(レッカー移動業者)

板橋区でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

板橋区内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、板橋・高島平・常盤台・蓮根・志村坂上・下赤塚・成増・徳丸など、板橋区内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

板橋区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
板橋区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

板橋区でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

板橋区のレッカー移動ロードサービス対応情報

板橋・高島平・常盤台・蓮根・志村坂上・下赤塚・成増・徳丸など、板橋区内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

板橋区でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

板橋区でのロードサービス(レッカー)対応事例

板橋区で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

板橋区高島平:パンクで路肩に避難した車両のレッカー移動

出張場所:板橋区高島平の道路脇

車種:日産 ルークス

お客様のコメント:走行中にハンドルが取られるようになり、何が起きたのかと思ってとりあえず道路の左側に車を寄せて、路肩に車を停車してみました。そして車から降りてタイヤを確認してみたところ、運転席側の後輪のタイヤの空気が半分以上抜けていました。

前回の給油時にタイヤの空気圧を点検して充填しているので、パンクしてしまったのは確実でしたが、スペアタイヤは積んでいないので、自分でできるのは応急修理キットでの一時的な修理でした。但し、タイヤの応急修理キットはあまり使わない方が良いみたいでしたので、スマホを使って近くでパンク修理をしてくれるところを探しました。

結局レッカー移動してもらうことにしましたが、スタンドでもタイヤのパンク修理を行ってくれるところがあるみたいです。しかし、この近くでパンク修理をすぐに行ってくれるところがありましたら、そこまでのレッカー移動をお願いします。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

板橋区の警察署・区役所の連絡先

  • 板橋警察署:板橋区板橋2丁目60-13「TEL:03-3964-0110」
  • 高島平警察署:板橋区高島平3丁目12-32「TEL:03-3979-0110」
  • 志村警察署:板橋区小豆沢1丁目11-6「TEL:03-3966-0110」
  • 板橋区役所:板橋区板橋二丁目66番1号「TEL:03-3964-1111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

側溝などに脱輪した場合の対処法

側溝などに脱輪した場合の対処法

側溝などに車のタイヤを脱輪してしまった場合、まずは自力での脱出を試みると思います。しかし、状況をさらに悪くしてしまったり、無理をして車にダメージを与えてしまうこともあります。また、危険も伴う作業になりますので、あまり無理をしない内にロードサービスを読んだ方が良い場合もあります。

自力で脱出を試みる

前輪が脱輪した場合、4輪駆動車(4WD)や前輪駆動車(FF車)であれば、自力で脱出できる可能性が高いです。まずは脱輪した状態を確認することから始めますが、車から降りて前方に脱出した方が良いか、後方に脱出した方が良いかを判断します。

タイヤが側溝の縁に引っ掛かりやすい方向に脱出しますが、脱出する時にハンドルを左に切った方が良いか、それとも右に切った方が良いかも事前に確認しておきます。

また、脱出時にはタイヤを急回転させない様にしますが、オートマ車で前方に脱出する場合には、D以外に低いギアがあればそのギアに入れて脱出を試みます。タイヤが急回転しない様にアクセルを操作して、側溝の縁にタイヤが食い込むと、自力で脱出できることもあります。

ただし、無理をし過ぎると車にダメージを与えたり、危険を伴う場合もありますので、自力では無理と感じた場合にはロードサービスをご利用ください。ロードサービスは専門の業者ですので、安全を確保しながらできるだけ車体にダメージを与えない様にして、脱出救援の作業をしてくれます。

保険会社のロードサービス利用時の注意点

任意保険にロードサービスが付いていれば、保険料に影響がない状態で利用することもできます。但し、加入している保険会社によって、無料で対応してくれない場合もあります。側溝などに脱輪してしまった場合、脱輪したタイヤの本数に制限があったり、クレーン作業に非対応の場合もあります。

脱輪した状態によって費用が掛かるか掛からないかの違いは大きいですので、救援を依頼する時には必ず費用の有無と、費用が掛かる場合には見積り額を事前に確認した方が良いでしょう。費用が掛かる救援作業になった場合に、例え保険会社経由のロードサービスであっても、高額な料金を請求される場合もありますのでご注意ください。

脱出後は足回りの点検が必要

狭い道で対向車とすれ違う時などに、ゆっくりと側溝に落ちたケースであれば、車がほとんど損傷していない場合も多いです。しかし、ある程度のスピードが出ていたり、突っ込んで無理な力が加わった場合などは、タイヤ周辺の足回りが損傷している可能性があります。

タイヤの表面が汚れたり、細かい擦りキズ程度であれば問題ないことが多いですが、タイヤの側面に深いキズが付いた場合には、タイヤを交換した方が良いでしょう。キズが原因で走行中にタイヤがバーストしたら、大事故になる恐れがあります。

ホイールも点検が必要です。特にホイールのリムの部分が変形してしまうと、そこからタイヤの空気が抜けてしまうことがあります。また、外見上は損傷していない様に見えても、アライメント調整が狂ってしまうこともあります。

脱出後にゆっくり走ってみて、ハンドルが左右どちらかに取られて真っすぐ走れなくなっている場合には、整備工場でアライメント調整の点検や修理を受けてください。

車の足回りは、車を構成しているパーツの中でも非常に重要な部分ですので、脱輪後に無理に運転して走行中にトラブルが起きたら大変です。できれば、脱輪後には整備工場で点検してもらった方が安心できます。

板橋区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
板橋区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→