江東区でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 東京都 > 江東区

江東区でのレッカー移動サービスに24時間対応

江東区での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
江東区でのレッカー移動などロードサービス料金
江東区対応のロードサービス(レッカー移動業者)

江東区でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

江東区内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、亀戸・豊洲・有明・新木場・青海・お台場・辰巳・門前仲町・潮見・南砂など、江東区内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

江東区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
江東区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

江東区でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

江東区のレッカー移動ロードサービス対応情報

亀戸・豊洲・有明・新木場・青海・お台場・辰巳・門前仲町・潮見・南砂など、江東区内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

江東区でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

江東区でのロードサービス(レッカー)対応事例

江東区で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

江東区豊洲:交差点でエンストした故障車をレッカー移動

出張場所:江東区豊洲の交差点

車種:日産 ジューク

お客様のコメント:片側2車線の道路で信号待ちしていたら突然、停電でもしたかの様に車のライトが全て消えてしまい、それと同時にエンジンも停止してしまいました。一瞬のことで何が起きたのかと思い慌てましたが、取りあえずエンジンを再始動しようと試みたものの全く反応せず、メーターパネルの一部の警告灯が点滅するのみでした。

信号待ちしていたのは一番後ろでしたが、テールランプが消えている状態で右車線に停車しているため、後続車に追突される危険性がありました。そのため、夜なので取りあえず携帯電話のライトを照らしながら、故障で停車している合図をしましたが、何台か自分の車を避けて通り過ぎて行きました。

その内、一台の車がハザードランプを点灯して停止してくれたので事情を説明しました。その車の人は、発煙筒や三角停止板が設置できるまで付き合ってくれたので非常に助かりました。

レッカーも比較的早く来てもらえて助かりました。一時はどうなることかと、今迄経験したことがない様なパニック状態になりました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

江東区の警察署・区役所の連絡先

  • 城東警察署:江東区北砂2丁目1-24「TEL: 03-3699-0110」
  • 深川警察署:江東区木場3丁目18-6「TEL: 03-3641-0110」
  • 東京湾岸警察署:江東区青海2丁目7-1「TEL: 03-3570-0110」
  • 江東区役所:江東区東陽4-11-28「TEL: 03-3647-9111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

運転中に大地震に遭遇した時の対処

運転中に大地震に遭遇した時の対処

大地震、台風、集中豪雨など、記憶に新しい自然災害がいくつもありますが、これらの災害の後に家庭での防災対策を見直した人は多いと思います。自然災害は自宅にいる時以外で、車を運転中に遭遇することも考えられます。

特に逃げ場所の少ない高速道路やトンネル、橋梁や高架を走行中に大地震に見舞われた場合には、車から離れて避難しなければいけなくなることも考えられます。そのため、いざという時に間違った行動をしない様に、どう行動すれば良いかを改めて考えておくことも大切です。

高速道路走行時

高速道路走行時に大きな揺れを感じた場合は、そのまま運転を続けるのは危険ですので、まずはハザードランプを点灯して、落ち着いてゆっくりと速度を落として、左側の路肩に停車してエンジンを停止します。高速走行中に揺れは感じ難い場合もありますが、スマホの地震警報音が鳴ったら、大地震が来るかもしれないと判断して、大きな揺れが来る前に速度を落とすのも良いでしょう。

大きな地震が発生して災害が起きた場合には、本線車道は緊急車両が通行できる様に路肩に停車する必要があります。但し、トンネルの出入口付近で大きな揺れを感じた場合は、崩落する危険がありますので、その様な場所はできるだけ避けて停車した方が良いでしょう。

揺れがおさまるまでは、スマホやカーラジオで情報収集を行ってください。明らかに災害が起きていることが分かった場合は、車内や路肩に残らずに安全な場所に避難する必要があります。車は高速道路上に残して非難することになります。救護活動や緊急車両の通行を妨げる場合に車を移動する場合がありますので、ドアロックはしないでキーは付けたままにしておきます。

トンネル内走行時

近年のトンネルは耐震工事が進んでいますが、一部のトンネルでは天井や壁面が崩落する恐れがあり危険です。トンネル内で停車するのは危険ですので、出口が見通せるような短いトンネルであれば、低速で走行してトンネルから脱出した方が良いでしょう。

出口まで距離がある長いトンネルの場合は、非常口から非難することができます。トンネル内で車から離れる場合も、車を左側に寄せて停車しドアロックはせずに、キーは付けたまま避難してください。

トンネル内で崩落や落下物があった場合、トンネル内は閉塞感がある場所ですので、パニックになるドライバーもいると思います。思いもしない行動をするドライバーがいるかもしれませんので、周囲の状況に気を付けて避難してください。トンネル内で緊急放送が流れて避難を誘導してくれる場合もあります。

橋梁や高架走行時

橋梁や高架も耐震工事は進んでいるものの、古いものは崩壊の可能性がゼロではありません。渡り切れる様であれば、速度を落とした状態で渡り切った方が良いでしょう。渡り切れない場合は、ゆっくりと速度を落としながら、道路の左側に停車してください。

やむを得ず停車した場合は、車から離れて避難することになりますが、キーを付けたままドアロックをしないで、近い方の岸に向かって避難してください。パニック状態になって、川などに飛び込まない様ご注意ください。

江東区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
江東区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→