目黒区でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 東京都 > 目黒区

目黒区でのレッカー移動サービスに24時間対応

目黒区でのレッカー移動などロードサービス料金
目黒区対応のロードサービス

目黒区でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

目黒区内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、駒場・青葉台・東山・上目黒・中目黒・下目黒・五本木・目黒本町・碑文谷・八雲など、目黒区内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

目黒区でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

目黒区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
目黒区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

目黒区のレッカー移動ロードサービス対応情報

駒場・青葉台・東山・上目黒・中目黒・下目黒・五本木・目黒本町・碑文谷・八雲など、目黒区内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

目黒区でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

目黒区でのロードサービス(レッカー)対応事例

目黒区で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

目黒区目黒:オーバーヒートで路肩に避難した車両をレッカー移動

出張場所:目黒区中目黒(山手通り)

車種:ボルボ 940クラシックエステート

お客様のコメント:しばらく渋滞をノロノロと運転していたのですが、オーバーヒートしてしまいました。車は路肩に寄せて停車できましたので、エンジンの風通しを良くしようとしてボンネットを開けてみました。

ボンネットを開けてから分かったのですが、冷却水のリザーバータンクが空になっているので、ラジエーターから冷却水が漏れているのかも知れません。

年式の古い外車なので故障するのは覚悟しながら運転していましたが、今迄は運転中に故障してしまう様なトラブルはありませんでした。

道が渋滞しているので、到着予定時間は結構すぎてしまうことを覚悟していましたが、予想以上に早く到着してくれて驚きました。地元の方は渋滞の抜け道を知っているのでしょうか?

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

目黒区の警察署・区役所の連絡先

  • 目黒警察署:目黒区中目黒2丁目7-13「TEL: 03-3710-0110」
  • 碑文谷警察署:目黒区碑文谷4丁目24-17「TEL: 03-3794-0110」
  • 目黒区役所:目黒区上目黒二丁目19番15号「TEL: 03-3715-1111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

高速道路で本線に合流する時のコツと注意点

高速道路で本線に合流する時のコツと注意点

運転初心者や高速道路の運転に慣れていないと、高速道路の本線に合流する運転が難しく感じられ、苦手意識を持っている人も多いと思います。首都高速道路では、左側からの合流だけでなく、右側から合流することもありますので、なおさら苦手意識が高まると思います。

しかし、慣れや経験も必要ですが難なく合流できる様になれば、車での行動範囲も広がり安定した運転ができる様になると思います。本線合流時には、いくつかのコツや注意点がありますが、以下の様なことを実践できれば、スムーズな合流ができる様になるでしょう。

加速車線ではためらわずに一気に加速

高速道路の本線を走ってくる車は、時速80km以上の速度で走行していますので、十分に加速しないで本線に入ってしまうと、後ろに迫ってきた本線走行車に追突される危険があり大変危険です。合流する際は、本線上の車との速度の差をできるだけ縮める必要がありますので、加速車線ではためらわずに一気に加速します。

また、本線を走行してくる車の直前に割り込むような状態になるのも危険ですので、車間距離を十分に取れる様に安全を確認しながら加速することも必要です。合流時は様々なケースが考えられますが、一緒に加速車線を走っていた後続車が、先に本線に合流してしまう場合もありますので十分ご注意ください。

合流するタイミング

加速車線が長ければ合流するタイミングを取りやすいですが、加速車線が短い所もあります。短い場所では早めに合流するタイミングを決めないと、加速車線の先端付近で行き詰ってしまうことになります。

加速車線に入ったらウィンカーを早めに出して、ドアミラーで本線を走って来る車を確認します。ドアミラーを確認して、本線の車との距離が広まったか縮まったかを確認し、距離が広まっていれば目視で斜め後方を確認して、そのまま安全を確認しながら本線に合流することができます。距離が縮まっている場合は、さらに加速するか、合流するタイミングを遅らせるかを判断します。

合流に失敗した場合

合流する際は様々なケースがありますので、毎回スムーズ合流できる訳ではありません。もしかしたら、思う様に合流できずに加速車線の先端付近で立ち往生してしまうこともあるかも知れません。もし、合流に失敗してしまった場合は、ドアミラーや目視で後方を確認しながら、本線の車の流れが途切れるまで待ちます。

車の流れが途切れるポイントは必ず訪れますので、安全が確認出来たら一気に加速して本線に合流してください。

本線が渋滞している場合

本線が渋滞している場合は、一般道路での運転と同様ですので合流は簡単です。早めにウィンカーを出して合流する意思を示せば、本線上の車が間に入れてくれます。但し、自分の車の前に合流させようしない、マナーの悪いドライバーもいますので、強引に割り込もうとするとトラブルになりかねませんのでご注意ください。

お急ぎのロードサービスはこちら→