港区(東京都)でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 東京都 > 港区(東京都)

港区(東京都)でのレッカー移動サービスに24時間対応

港区(東京都)での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
港区(東京都)でのレッカー移動などロードサービス料金
港区(東京都)対応のロードサービス(レッカー移動業者)

港区(東京都)でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

港区(東京都)内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、赤坂・新橋・六本木・芝・虎ノ門・南青山・高輪・麻布十番・三田・芝公園・浜松町・お台場など、港区(東京都)内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

港区(東京都)でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
港区(東京都)対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

港区(東京都)でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

港区(東京都)のレッカー移動ロードサービス対応情報

赤坂・新橋・六本木・芝・虎ノ門・南青山・高輪・麻布十番・三田・芝公園・浜松町・お台場など、港区(東京都)内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

港区(東京都)でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

港区(東京都)でのロードサービス(レッカー)対応事例

港区(東京都)で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

東京都港区元赤坂:エンストを繰り返す車両をレッカー移動

出張場所:東京都港区元赤坂(青山通り)

車種:マツダ プレマシー

お客様のコメント:一週間ほど前に中古で購入した車ですが、購入早々に故障してしまいました。発進時に少し癖があるのが気になっていましたが、慣れれば大丈夫と思い運転していました。その癖が故障と直接関係があるのかどうかは分かりませんが、突然メーターパネルにあるエンジン警告灯が点灯しました。

突然警告灯が点灯したのでビックリしましたが、アクセルを踏んだり戻したりすると点灯したり消えたりしていました。あれこれしている内に信号待ちで停止したところ、エンジンが止まってしまいました。エンジンキーを捻ればエンジンがかかり走れますが、同じ状態を繰り返す様になりました。

夜中なので販売店には電話がつながりませんでしたので、とりあえず自宅まで車をレッカー移動してもらいたくて、自宅までの車の搬送を申し込みました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

東京都港区の警察署・区役所の連絡先

  • 愛宕警察署:東京都港区新橋6丁目18-12「TEL: 03-3437-0110」
  • 高輪警察署:東京都港区高輪3丁目15-20「TEL: 03-3440-0110」
  • 三田警察署:東京都港区芝浦4丁目2-12「TEL: 03-3454-0110」
  • 麻布警察署:東京都港区六本木4丁目7-1「TEL: 03-3479-0110」
  • 港区役所:東京都港区芝公園1丁目5番25号「TEL: 03-3578-2111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

タイヤがバーストする原因と予防策

タイヤがバーストする原因と予防策

走行中に突然タイヤが破裂することを「バースト」と言います。ただのパンクであれば修理することができますが、バーストするとタイヤが破裂して破けてしまいますので、バーストしたタイヤは修理することができません。

また、タイヤが使い物にならなくなるだけでなく、バーストした途端に車を制御できなくなることが多いため、周囲の車を巻き込む大事故につながることもあります。

また、破裂して飛び散ったタイヤ片が路上に障害物として散らばるため、後続車がそれを避けようとしてハンドル操作を誤り、事故を誘発する要因になることもあります。車を運転するドライバーとしては、できればバーストは経験したくないものですが、タイヤの空気圧や状態に気を付けていれば予防できるトラブルです。

タイヤがバーストする原因

タイヤがバーストするのには、いくつかの原因があります。空気圧不足には気を配らなければいけませんが、空気圧が不足した状態で高速走行すると、タイヤが波打つことで過剰に発熱して「スタンディングウエーブ現象」が起こり、バーストを引き起こします。

バーストは高速走行時に起こり易いですが、一般道路を走行していても空気不足でタイヤのたわみが大きい状態での走行が長い時間続くと、極端な場合にはバーストしてしまう危険性があります。

また、段差があるところに乗り上げたり、縁石にタイヤを擦ったことが原因で、タイヤが損傷している状態での走行や、走行中に金属や木材などの障害物を踏んでしまった場合にもバーストする危険性があります。

バーストした時の車の変化

バーストした車は、コントロールを失って側壁やガードレールにぶつかったり、横転してしまうこともあり大変危険な状態に陥ります。高速走行時のバーストは、大事故につながる危険性が高いですが、一般道路を走行中であっても停止距離が延びたり、カーブを曲がり切れなくなり大きく膨らんでしまいます。いずれにしろ、ハンドルが取られてしまって、いつも通りの運転はできなくなります。

もしもバーストを起こしてしまった場合は、ハンドルをしっかりと握って、エンジンブレーキで少しずつ減速して安全な場所に停車します。焦って急ハンドルを切ったり、急ブレーキを踏んだりすると大変危険です。

予防策は空気圧とキズの点検

高速走行時のタイヤのバーストは、重大な事故を起こしかねないトラブルですので、予防することは必須ですが、空気圧を適正に保つことと、タイヤに損傷や亀裂がないかコマ目に点検することが重要です。タイヤは劣化してくると、タイヤの側面などにもヒビ割れができてきますので、気になる場合はプロに点検してもらうか、早めの交換をしておいた方が良いでしょう。

タイヤの空気圧は給油のタイミングで、最低でも1ヶ月に1回程度は点検し、洗車する時や運転前にタイヤの状態を点検する様にすると良いでしょう。また、高速道路を走行する前には、必ずタイヤの空気圧と状態を点検することも予防策になります。

港区(東京都)でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
港区(東京都)対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→