大田区でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 東京都 > 大田区

大田区でのレッカー移動サービスに24時間対応

大田区での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
大田区でのレッカー移動などロードサービス料金
大田区対応のロードサービス(レッカー移動業者)

大田区でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

大田区内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、大森・鎌田・田園調布・羽田空港・六郷・千鳥・糀谷・馬込・鵜の木など、大田区内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

大田区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
大田区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

大田区でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

大田区のレッカー移動ロードサービス対応情報

大森・鎌田・田園調布・羽田空港・六郷・千鳥・糀谷・馬込・鵜の木など、大田区内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

大田区でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

大田区でのロードサービス(レッカー)対応事例

大田区で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

大田区内湾岸道路:電気系統が故障した車両をレッカー移動

出張場所:大田区内湾岸道路

車種:トヨタ セリカ

お客様のコメント:羽田空港に向かって湾岸道路を運転していたのですが、突然車に異変が現れて故障してしまいました。雨が降っていたのでワイパーを動かしていましたが、ワイパーの動きが鈍くなったのが最初の異変でした。

どこか故障した可能性があるため、ハザードランプを点灯しながら路肩に停車したのですが、アイドリングが不安定でした。そしてメーターパネルの警告灯が点灯し始めたので、アクセルを戻したらエンジンが停止してしまいました。

エンジンが停止してからは、何度エンジンキーを捻ってもセルモーターが回らない状態です。電気系の故障だと思いますが、ロードサービスに申し込んで、レッカー移動してもらうしかありませんでした。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

大田区の警察署・区役所の連絡先

  • 蒲田警察署:大田区蒲田本町2丁目3-3「TEL:03-3731-0110」
  • 東京空港警察署:大田区羽田空港3丁目4-1「TEL:03-5757-0110」
  • 池上警察署:大田区池上3丁目20-10「TEL:03-3755-0110」
  • 大森警察署:大田区大森中1丁目1-16「TEL:03-3762-0110」
  • 大田区役所:大田区蒲田五丁目13番14号「TEL:03-5744-1111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

高速道路でトラブル発生時に行うこと

高速道路でトラブル発生時に行うこと

高速道路を運転した時に事故や故障などで、路肩や非常駐車帯でトラブル対応している車を見かけたことがあると思います。いくらメンテナンスをしっかりと行っていても、車の故障を完全に防ぐことはできません。

また、自分の運転に自信があり安全運転していても、他人が起こしたトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。

正しい対処が必要

高速道路はスピードを出している車ばかりですので、事故を起こしたり事故に巻き込まれた場合には、大きな危険が伴うことになります。最近は、高齢者による逆走も問題になっていますが、逆走してくる車と正面衝突でもしたら命に係わる大事故になってしまいます。

また、事故や故障で路肩に停車している車や、停車している車の周辺にいる人への衝突という二次的な事故も多く、高速道路走行でトラブルが起きた際の正しい対処が必要になってきます。

事故や故障が発生した時の対処

事故や故障が実際に起きてしまった場合は、以下の様な対処が基本になります。

ハザードランプを点灯して非常駐車帯や路肩に停車

走行中にトラブルが起きた際は、できればパーキングや非常駐車帯に停車するのが望ましいですが、やむを得ない場合は、ハザードランプを点灯しながら路肩に車を寄せて停車します。エンジントラブルで加速できない状態になった場合は、MT車はニュートラルにシフトチェンジ、AT車はNレンジにして惰性走行して本線上に停車してしまうのを避け、できるだけ広い安全な場所まで移動して停車します。

慌てていると忘れてしまう可能性がありますが、停車後は必ずサイドブレーキをしっかりとかけて、車が勝手に動き出さない様にしてください。

発煙筒と停止表示器材の設置

まずは同乗者の安全を確保するため、ハザードランプは点灯したまま、速やかに同乗者をガードレールの外に避難させます。停車している車に後続車が追突してくる可能性があるため、避難する場所は車よりも後方が良いです。

そして、発煙筒を点火して停車した車の50メートル以上後方に停止表示器材を設置します。燃料漏れしている可能性がゼロではありませんので、燃料に引火しない様に発煙筒の点火には十分な注意が必要です。トンネル内で停車した場合、発煙筒から出る煙が後続車のドライバーの視界を妨げてしう場合もあるため、LEDの非常信号灯などを準備しておくのも良いでしょう。

トラブル発生の連絡

車のトラブルがどの様な状況か確認することも大事ですが、停車している車の周囲を歩き回るのは大変危険です。1kmごとに設置されている非常電話や携帯電話で、故障もしくは事故の別、停車場所、負傷者の有無などを通報してください。携帯電話での連絡先は「#9910もしくは110番」です。

その後は、速やかに停車した車を移動する必要がありますので、ロードサービスを利用してレッカー移動の手配を行ってください。

大田区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
大田区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→