新宿区でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 東京都 > 新宿区

新宿区でのレッカー移動サービスに24時間対応

新宿区での事故・故障車・車検切れ車のレッカー搬送
新宿区でのレッカー移動などロードサービス料金
新宿区対応のロードサービス(レッカー移動業者)

新宿区でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

新宿区内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、新宿・西新宿・四谷・高田馬場・早稲田・大久保・牛込・歌舞伎町など、新宿区内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

新宿区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
新宿区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

新宿区でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

新宿区のレッカー移動ロードサービス対応情報

新宿・西新宿・四谷・高田馬場・早稲田・大久保・牛込・歌舞伎町など、新宿区内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

新宿区でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

新宿区でのロードサービス(レッカー)対応事例

新宿区で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

新宿御苑近く:運転中に故障した車両をレッカー移動

出張場所:新宿区新宿御苑近くの道路脇

車種:BMW

お客様のコメント:運転中に車が故障したのは初めてですが、運転中に突然バッテリーの警告灯が点いたり消えたりを繰り返しました。走行中でもバッテリー上がりになるのかな? と思い、消費電力を抑える必要があるためラジオやエアコンを止めました。

何となくハンドルが重くなったと感じ出しましたが、水温計が高い位置を示していることが気になりだしたので、すぐに車を路肩に寄せて停車しました。

昔はパワステがない時代の車を運転していましたが、その時の車よりもハンドルの重さを感じました。故障した時は、無理をせずに早めに修理した方が良いと言われていますので、運転を続けるのは諦めました。ここから20キロくらいのレッカー移動になりますが、自宅近くの修理工場まで車の搬送をお願いします。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

新宿区の警察署・区役所の連絡先

  • 新宿警察署:新宿区西新宿6丁目1-1「TEL: 03-3346-0110」
  • 牛込警察署:新宿区南山伏町1-15「TEL: 03-3269-0110」
  • 四谷警察署:新宿区新宿1丁目26-12「TEL: 03-3357-0110」
  • 戸塚警察署:新宿区西早稲田3丁目30-13「TEL: 03-3207-0110」
  • 新宿区役所:新宿区歌舞伎町1-4-1「TEL: 03-3209-1111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

車の寿命を短くしてしまう運転

車の寿命を短くしてしまう運転

昔と比べれば車の耐久性も上がり、滅多に故障しなくなってきていますが、それに伴い車の寿命も長くなっています。しかし、無意識の内にしてしまう運転や行為が、車の寿命を短くしてしまうこともあります。

どの様な運転や行為が、車の寿命を短くしてしまうかを知り、車に優しい運転をすることで、故障を減らすことにもつながります。

「急」が付く運転

車を長持ちさせるために大事なことは、車に無理な負担を与えないことです。そのため、急発進や急加速、急ハンドルや急ブレーキなど、「急」が付く運転はできるだけ控えた方が良いでしょう。

「急」が付く運転は、それだけ多くの負荷を車に与えていることになります。「急」が付く運転を減らせば、それだけ車の寿命を延ばすことにつながります。

停車時のハンドル操作

昔の車にはパワーステアリングはありませんでしたので、停車した状態でのハンドル操作は極端に重く、動き出してから出ないとハンドルを回すのは重くて大変でした。しかし、今はほとんどの車がパワーステアリングですので、停車している状態でも楽にハンドル操作を行うことができます。

パワーステアリングは、電動や油圧のアシストによってハンドルを楽々回せる様になっています。しかし、日常的に駐車する時やUターンする時に停止状態でハンドルを回していると、それだけ多くの負担を車に与えていることになります。

パワーステアリングには大きく分けると、「油圧式」と「電動式」の2つの方式がありますが、近年の車には電動式が使われるようになってきました。そのため、電動式のため走行中に電気系統が故障してしまうと、ハンドルが極端に重くなるのでご注意ください。

エンジン始動後にすぐ運転

近年の車は、暖機運転は不要と言われることもあり、エンジンを始動したらすぐに走り出すこともできますが、いきなりアクセルを踏み込んで、急発進や急加速する様な運転は好ましくありません。機械である以上は、ある程度の準備運動が必要です。

せめて、エンジンを始動したらオイルが温まってエンジン内部を潤滑するまで、例えば水温計が動き出すまでは、抑え気味に運転した方が良いでしょう。

短距離運転の繰り返し

短距離運転の繰り返し、いわゆるチョイ乗りばかリ繰り返す運転も、車の寿命を縮めてしまいます。短距離運転の繰り返しは、特にエンジンやバッテリーに負荷を与えてしまいます。エンジンが十分温まって燃焼が安定する前にエンジンを停止してしまうことになります。

また、バッテリーに対しても、始動時に消費した電力を充電して回復する前にエンジンを停止してしまうことになりますので、常に充電不足状態が続いてしまうことになります。

また、車のような機械は、動かさずに放置してしまうことも望ましくありません。週に一回以上は、少なくとも30分以上は運転した方が良いでしょう。

新宿区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
新宿区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのロードサービスはこちら→