杉並区でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 東京都 > 杉並区

杉並区でのレッカー移動サービスに24時間対応

杉並区でのレッカー移動などロードサービス料金
杉並区対応のロードサービス(レッカー移動業者)

杉並区でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー移動作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

車両のレッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

杉並区内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、荻窪・高円寺・阿佐谷・浜田山・久我山・高井戸・永福など、杉並区内全域および周辺地域でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

杉並区でのレッカー移動サービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

杉並区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
杉並区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

杉並区のレッカー移動ロードサービス対応情報

荻窪・高円寺・阿佐谷・浜田山・久我山・高井戸・永福など、杉並区内全域および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

杉並区でのロードサービス(レッカー移動)対応事例

杉並区でのロードサービス(レッカー)対応事例

杉並区で事故車や故障車のレッカー移動、縁石乗り上げや脱輪、ぬかるみや雪道で身動きできなくなった車両などの救援ロードサービス対応事例のご紹介です。

杉並区阿佐谷:故障車をディーラーまでレッカー移動

出張場所:杉並区阿佐谷(阿佐ヶ谷駅近く)

車種:ホンダ プレリュード

お客様のコメント:運転中に何かが焦げた臭いがしたので、少し様子を見ていましたが、焦げ臭い原因はこの車のどこかであることが分かりました。最初はタバコの火でもシートに飛んでしまったのか思いましたが、車内はどこも焦げていませんでした。

車内ではないエンジンルームか、ダッシュボードで隠れているところか分かりませんが、運転は続けない方が良いと思い道路脇に避難しました。ディーラーにも電話して症状を伝えましたが、実際に車を見ないと分からないということでしたので、レッカー車を手配して今日中に車を運んでおくことにしました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

杉並区の警察署・区役所の連絡先

  • 杉並警察署:杉並区成田東4丁目38-16「TEL:03-3314-0110」
  • 高井戸警察署:杉並区宮前1丁目16-1「TEL:03-3332-0110」
  • 荻窪警察署:杉並区桃井3丁目1-3「TEL:03-3397-0110」
  • 杉並区役所:杉並区阿佐谷南1丁目15番1号「TEL:03-3312-2111」

ロードサービス・トピックス

レッカー移動サービスやタイヤ交換、燃料切れ対応などのロードサービスや、車両のメンテナンスなどに関するトピックスのご紹介です。

冠水した道路を通過する時の注意点

冠水した道路を通過する時の注意点

近年は集中豪雨が度々起こる様になり、道路の冠水にも気を付ける必要があります。冠水した道路は走らないことに越したことはありませんが、状況によっては走行するのを避けられない場合もあります。

しかし、無理に冠水した道路を通過しようとすると、水の中に浸ったまま身動き取れなくなることもあります。

そのため、冠水した道路を通過できるかどうかの目安と、通過する時の注意点を知っておくことも、車を運転する上では重要なことです。

雨量の状況を確認

激しい雨は、その降り方を見れば雨量が大体分かりますが、路面で跳ねている水しぶきが白く見え、路面の白線や横断歩道の白線などが見え難い状況は、かなりの雨量がある状態です。また、道路に水が溜まり出した場合は、他の車両のタイヤを見て、タイヤの側面が見えないほど雨水が溜まっている場合は、できるだけ排水能力の高い幹線道路を走る様にした方が良いでしょう。

冠水道路走行の注意点

冠水している道路を走行しなければいけなくなる状況になった場合、走行しても大丈夫かどうかを判断しなければいけません。事前に水位がどれくらいあるかを確かめる必要がありますが、先に進入している車がどれ位の高さまで水に浸っているかを確認してください。

先行している車が1台もない場合は、路側帯の縁石やガードレールが浸水状況の目安になります。何も確認しないで冠水した道路に進入するのは無謀ですので、100%水没しないことを確認してから侵入する決定を行う必要があります。もし、車が水没してしまった場合には、車を廃車しなければいけなくなる可能性があるだけでなく、命に係わる事態にもなりかねません。

冠水した道路の水深の目安としては、幹線道路の縁石が溜まった水で見えない場合は、水深が20cm以上はある状態です。ガードレールの下の部分まで冠水している場合は、水深が60cmくらいに達しています。水深が60cmもある冠水道路に進入するべきではありませんが、冠水している道路はマンホールが外れていたり、溜まった水の中に障害物が流れ込んでいる可能性があり危険です。

冠水道路を走行することはお勧めできませんが、水深が20cm以下で通過できると判断した場合は、Lレンジなどのローギアでエンジン回転数が高めの状態で走行する様にします。ゆっくりと一定の速度で走行しますが、冠水道路走行中に停止するのは危険ですので、前方の車との車間距離は十分に取って走行してください。

ある程度高いエンジン回転数で走行するのがコツですので、ブレーキやパーキングブレーキを弱めにかけながら走行するのも良いでしょう。足踏み式のパーキングブレーキであれば、軽く踏んだ状態で走行する方法もあります。

少し高いエンジン回転数を維持して走行することで、マフラーから水が進入してエンストしてしまうのを防ぐことができます。この様な運転操作は、急にやっても上手くできないかも知れませんので、万が一の状況に対応できる様に普段から練習しておくと安心できます。

冠水道路には進入しない判断も大切

冠水道路には侵入しないことが一番の安全策です。水深が20cm以下であれば、進入しても通過できるかも知れませんが、冠水道路通過中に何が起こるか分かりません。冠水道路に出くわした場合は、Uターンしたり回り道を選択するなどの安全策を取ることをお勧めします。

お急ぎのロードサービスはこちら→