三重県内の自動車・バイクのレッカー移動搬送に24時間スピード対応!

三重県 24時間対応のレッカー移動ロードサービス業者
三重県|車の事故・故障時のレッカー移動
三重県 レッカー移動、脱輪・ぬかるみ脱出、長距離搬送もお任せ!

 レッカー移動ロードサービスを24時間いつでもご利用頂けます。三重県および周辺地域で、路上でオーバーヒート等の故障や交差点での衝突事故、車が縁石に乗り上げてしまい動けない、脱輪・ぬかるみにはまって動けない、タイヤのパンク等、自動車やバイクを自力で動かす事ができなくなった場合は、当社のレッカー移動ロードサービスをご利用下さい。

 レッカー移動のご依頼は、面倒な年間契約等は不要です。自動車やバイクのレッカー移動が必要になり、困った時にご連絡頂ければ、当社のスタッフが三重県内の現地に駆け付け、ご指定の場所まで車両をレッカー移動で救援します。長距離搬送もお任せ下さい。

三重県内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、伊勢市/桑名市/四日市市/伊賀市/松阪市/いなべ市/鈴鹿市/員弁郡東員町/亀山市/桑名郡木曽岬町/志摩市/津市/鳥羽市/多気郡−明和町・大台町・多気町/三重郡−菰野町・朝日町・川越町/度会郡−玉城町・大紀町・南伊勢町・度会町周辺地域などのレッカー移動のご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

三重県内のレッカー移動|夜間・深夜早朝も24時間緊急出動ロードサービス

  • 三重県内のレッカー移動夜間深夜・早朝でも24時間365日緊急出張対応。
  • 脱輪ぬかるみからの引上げ縁石乗り上げで走行不能時も現地に急行して救出。
  • 原付バイク・オートバイ・ビックスクータ〜自動車までのレッカー搬送に対応。
  • 代車手配車両の預かり廃車なども承ります。(対応エリアは電話でご確認)
  • 自力で走行できない時のレッカーけん引
  • 出張タイヤ交換(高速道路などでタイヤがパンクした時のスペアタイヤ交換もお任せ下さい!)
  • 燃料切れ・ガス欠時のガソリン・軽油など10リットル程度の燃料配達サービス
  • 各種オイル、冷却水の補充。
  • 長距離搬送も格安料金でご予約承ります。
  • 三重県内のレッカー移動ロードサービス(お気軽にお電話ください!)

保険・代車手配・車両預かり・廃車対応のレッカー屋

 三重県および周辺地域で、すぐに車両の移動が必要な事故や故障によるレッカー移動のご依頼にも緊急出張致しますので、安全確保後に慌てずにお電話下さい。廃車・車両預かり・代車サービスに対応している地域も多いですので、廃車・車両預かり・代車サービスをご希望の際は、お電話の際にご依頼下さい。

三重県のレッカー移動ロードサービス対応エリア

ロードサービス

三重県のレッカー移動ロードサービス対応エリア

三重県内の上記および周辺地域のレッカー搬送・・・お任せ下さい!

三重県内のレジャー先や各施設へもレッカー移動緊急出動します!

  • 三重県営総合競技場体育館/伊賀市立上野総合市民病院/伊勢赤十字病院/垂坂サッカー場/
  • 桑名西医療センター/三重中央医療センター/済生会松阪総合病院/御在所ロープウエイ/
  • JCHO四日市羽津医療センター/鈴鹿中央総合病院/三重県立志摩病院/いなべ市農業公園/
  • 三重大学医学部附属病院/鈴鹿医療科学大学/三重県立看護大学/国立鈴鹿工業高等専門学校/
  • 国立鳥羽商船高等専門学校/志摩マリンランド/伊勢・安土桃山文化村/天の岩戸/三重大学/
  • ナガシマスパーランド/シュート・ザ・シュート/なばなの里/志摩スペイン村/御城番屋敷/
  • メナード青山リゾート/鳥羽湾めぐりとイルカ島/鈴鹿サーキットモートピア/伊賀上野城/
  • 伊勢神宮/伊勢神宮内宮/二見シーパラダイス/鈴鹿スカイライン/伊坂ダムサイクルパーク/
  • 志摩パークゴルフ場/合歓の郷ホテル&リゾート/伊賀の里モクモク手づくりファーム/
  • 三多気の桜/ベゴニアガーデン/アンパンマンこどもミュージアム&パーク/鈴鹿サーキット/
  • ミキモト真珠島/青蓮寺湖観光村/鳥羽水族館/斎宮歴史博物館/青山高原/パールロード/
  • 多度大社/桑名城跡・九華公園/四日市市ふれあい牧場/鳥羽大庄屋かどや/鈴鹿市立体育館/
  • 火の谷温泉美杉リゾートファイアバレイウォーターパーク/まちの駅-松幸農産これから村/
  • 大観覧車オーロラ/いなべ公園/霞港公園/鈴鹿サーキット「アクア・アドベンチャー」/
  • パラミタミュージアム/伊勢神宮外宮/名張中央公園/ムーンビーチキャンプ場(大淀西海岸)/
  • 伊勢・安土桃山文化村/二見しょうぶロマンの森/伊賀流忍者博物館/長島スポーツランド/
  • 四日市スポーツランド/多気スポーツセンター/桑名市体育館/津市営球場/
  • 名張市総合体育館/三重県営サンアリーナ/三重県営鈴鹿スポーツガーデン体育館・・・他

トピックス「エンジンオイルが劣化する原因」

エンジンオイルが劣化する原因

 エンジンオイルは、定期的もしくは走行距離に応じて交換しないと劣化してしまい、そのまま使い続けると、その機能が十分に発揮できなくなってしまう為、エンジンにダメージを与えてしまいます。エンジンオイルが劣化する主な原因としては、以下の様な状況が考えられます。

(1)エンジンオイルの温度が高過ぎる状況
 クルマのエンジンを始動すると、エンジンオイルの温度も高くなります。但し、その温度が高くなり過ぎると、高熱によりエンジンオイルの成分に影響が出ます。真夏の渋滞道路などでは熱が逃げ難くなってしまう為、走行時の適正なエンジンオイルの温度を超えてしまいます。一般的なクルマのエンジンオイルの走行時の温度は90℃〜120℃ですが、渋滞道路などの過酷な状況では、120℃を超えてしまいます。温度が130℃を超えると性能が一気に低下してしまうと言われています。

 車種にもよりますが、エンジンオイルが高温になりやすい車ほど、コマメなエンジンオイルのメンテナンスが必要です。

(2)エンジンオイルの温度が低過ぎる状況
 エンジンオイルはエンジンを始動した後に徐々に温度が上がってきます。走行時の適正な温度は90℃〜120℃ですが、近所のコンビニやお店への行き帰りばかりの場合は、エンジンオイルが適正温度になる前にエンジンを止めてしまいますので、オイルの劣化も早くなってしまいます。大体、1回の走行距離が5km以内や10分以内のチョイ乗りが多い場合は、オイルの劣化が早くなってしまいます。

 チョイ乗りが多い場合は、アイドリングを十分に行ってから走行するか、水温計の温度が上がってから走行するようにすると良いと思います。


 エンジンオイルの適正温度は90℃〜120℃ですが、エンジンオイルが高過ぎたり低過ぎる状況でクルマを利用する機会が多い場合は、オイル交換のサイクルを早目にするのが良いと思います。


レッカー移動 料金一覧|全国24時間365日対応ロードサービス

三重県のレッカー移動料金
【レッカー移動に24時間365日迅速対応】「生活トラブルSOS」三重県受付 三重県のレッカー移動 24時間365日緊急出張ロードサービス
ページトップへ
Copyright (C) 生活トラブルSOS All Rights Reserved.
バッテリー上がり・レッカーのロードサービスHOMEへ