大分県でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援レッカー搬送

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 大分県

大分県でのレッカー移動サービスに24時間対応

大分県でのレッカー移動などロードサービス料金
大分県のロードサービス(レッカー移動業者)

大分県でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

レッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

大分県内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出・・・、大分県全域および周辺地域のレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

大分県でのレッカーサービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

レッカーサービスの料金詳細はこちら

大分県での業者選びは電話品質と安心の適正価格
大分県対応ロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

大分県のレッカーサービス対応情報

生活トラブルSOSのレッカーサービスは、全国の加盟店並びに提携業者による全国均一価格で、お客様に一番近い大分県エリア担当の技術者が全国均一の格安な料金で現地に急行します。

作業中の事故や損傷も全店賠償責任保険加入済みですので安心です。会員制ではありませんので、年間契約などの面倒な手続きは必要ありません。大分県内で事故や故障、車検切れ車の搬送や廃車手配などでレッカー移動が必要になった場合は、ぜひお気軽にお電話ください。必要に応じて事故車や故障車の車両預かりにも対応しております。

大分県のレッカーサービス対応エリア

大分県対応ロードサービス
  • 【あ】宇佐市/臼杵市/大分市
  • 【か】杵築市/国東市/玖珠郡-玖珠町・九重町
  • 【さ】佐伯市
  • 【た】竹田市/津久見市
  • 【な】中津市
  • 【は】日田市/豊後大野市/豊後高田市/別府市/速見郡-日出町/東国東郡-姫島村
  • 【や】由布市

大分県でのロードサービス(レッカー)対応事例

大分県でのロードサービス(レッカー)対応事例

出張場所:大分県別府市の国道10号線道路脇

車種:ホンダ インサイト

お客様のコメント:事故を起こしてしまい車を動かせない状態になってしまい道路脇に停めてあります。事故の衝撃で運転席側の前部が潰れ、タイヤもパンクしており空気が漏れてペチャンコ状態です。スペアタイヤは積んでありませんので、タイヤを交換することはできません。

オイルが漏れていますが、どこのオイルが漏れているのかは分かりません。車に詳しそうな警察官の方は、エンジンオイルかギアオイルでも漏れているのではと言っていました。オイルが漏れている状態ですので、エンジンがかかるかどうかは一度も試していません。

自宅近くの車の販売店には、これから事故車をレッカー車で運んでいくことを伝えてあります。元通りに修理できるかどうかは、車を点検してみないと分からないと言われました。しかし、この状態では販売店に車を運ぶしかありませんのでよろしくお願いします。

トピックス:泥ぬかるみでスタックした時の脱出方法

泥ぬかるみでスタックした時の脱出方法

現在では舗装されている道路が多いとはいえ、やむ負えず未舗装の道路を走らなければいけないこともあり、泥ぬかるみでスタックして自力では脱出できなくなることもあります。

同乗者や親切な人が車の周りにいれば、車を押してもらうこともできますが、救援してくれる人がいなければ自力で脱出することになり、パニックに近い状況に陥る場合もあります。

最近の車には車体を持ち上げるジャッキが積まれていない車が多いですので、一人で脱出するためにはアクセルとハンドル操作で何とかするしかありませんが、焦れば焦るほど状況が悪くなることも多いです。

タイヤが空転してスタックから脱出できない原因

車にはデフという機構がありますが、曲り角やカーブなどではデフが両側のタイヤを効率良く転がしてくれています。泥ぬかるみや雪道でスタックした場合などには、片側だけに駆動がかかる状態になることがありますが、この様な状況になった時は路面に効果的に駆動力を使えることができなくなってしまいます。

また、深い泥ぬかるみや溶け出した雪などは、とてもタイヤが滑る状態ですので、全面的に駆動力を地面に伝えられなくなり、アクセルを踏んでもタイヤが空転するだけで身動きできない状態に陥ってしまいます。

泥ぬかるみからの脱出方法

泥でぬかるんでいる状態の場所では、車を停止しないことがスタックの回避方法になります。しかし、運悪くスタックしてしまった場合は、車を押してくれる人がいる場合は、脱出方向に車を押してもらうのが良いでしょう。また、多少でも車体が前後に動かせる状態であれば、脱出方向に石や砂、木材や段ボールなどを地面に敷いて、タイヤが滑らない様に施してから脱出を試みると良いでしょう。

焦らずアクセルの踏み込み過ぎに注意

泥ぬかるみのスタックから脱出しようとして、アクセルを踏み込み過ぎてしまう人が多いですが、アクセルの踏み込み過ぎでタイヤを空転させ過ぎると、さらに状況を悪くしてしまうことがあります。スタック時の脱出では、タイヤをゆっくりと回転させた方が脱出に成功しやすい傾向があります。

焦れば焦るほどアクセルを踏み込んでしまいますので、どの様な状況でタイヤが空転しているのかを考えながら対処するのが、泥ぬかるみから脱出する時のポイントになります。


泥ぬかるみでスタックした場合、ある程度脱出を試みてもダメな時は諦めることも肝心です。無理をし過ぎてタイヤや車を傷めてしまう場合もあります。どうやっても脱出できない時は、当社の様なロードサービスに連絡してください。車体をキズ付けない様に安全な方法でスタックした車両の脱出救援を行います。

お急ぎのロードサービスはこちら→