宮崎県でのレッカー移動|事故車・故障車や脱輪・縁石乗り上げ出張救援ロードサービス

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > レッカー移動サービス > 宮崎県

宮崎県でのレッカー移動サービスに24時間対応ロードサービス

宮崎県のロードサービス(レッカー業者)

宮崎県でのレッカー移動・搬送のロードサービス24時間いつでもご利用いただけます。故障や事故で自動車やバイクが自力で走行できなくなったり、タイヤが縁石に乗り上げて動けない、側溝などに脱輪したり、ぬかるみでスタックして脱出できないなど、自動車やバイクのトラブルでお困りでレッカー業者をお探しの際は、当社のロードサービスをご利用下さい。

レッカー作業のご依頼時には面倒な会員登録などは一切不要です。レッカー移動が必要な時にご連絡いただければ、ロードサービス担当のスタッフが現地に駆け付け、最寄りの整備工場やお客様にご指定いただいた場所まで、車両をレッカー車や積載車で搬送いたします。

レッカー搬送ご利用時に同乗をご希望の際は、お気軽にお申し出ください。また、サービス対応地域によりますが、代車手配や車両の預かり、廃車処理や車検切れ車のレッカー搬送なども承ります。

宮崎県内のレッカー移動、脱輪、ぬかるみ脱出などのレッカーサービスは、宮崎市/延岡市/小林市/都城市などを拠点としております。宮崎県でのレッカーサービスのご依頼に夜間深夜、早朝も24時間スピード対応!

宮崎県でのレッカーサービスの内容|24時間緊急出動ロードサービス

レッカーサービスの料金詳細はこちら

宮崎県でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
宮崎県対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

宮崎県のレッカーサービス対応情報

生活トラブルSOSのレッカーサービスは、全国の加盟店並びに提携業者による全国均一価格で、お客様に一番近い宮崎県エリア担当の技術者が全国均一の格安な料金で現地に急行します。

作業中の事故や損傷も全店賠償責任保険加入済みですので安心です。会員制ではありませんので、年間契約などの面倒な手続きは必要ありません。宮崎県内で事故や故障、車検切れ車の搬送や廃車手配などでレッカー移動が必要になった場合は、ぜひお気軽にお電話ください。必要に応じて事故車や故障車の車両預かりにも対応しております。

宮崎県のレッカーサービス対応エリア

  • 【あ】えびの市
  • 【か】串間市/小林市/児湯郡-川南町・木城町・新富町・高鍋町・都農町・西米良村/北諸県郡-三股町
  • 【さ】西都市
  • 【な】日南市/延岡市/西臼杵郡-五ヶ瀬町・高千穂町・日之影町/西諸県郡-高原町
  • 【は】日向市/東諸県郡-綾町・国富町/東臼杵郡-門川町・美郷町・椎葉村・諸塚村
  • 【ま】都城市/宮崎市

ロードサービス・トピックス

タイヤのパンクも自動車のトラブルとしては多い方ですが、運転している時にパンクしてもドライバーは気づかないことがあります。タイヤの空気はたくさん抜けた状態であれば気づくと思いますが、ほとんどの場合は、アクセルが重く感じたり、ハンドル操作に違和感を覚える症状が出て気づきます。

オーバーヒート故障の原因になる冷却水不足

オーバーヒート故障の原因になる冷却水不足

エンジンはガソリンを燃焼させて動いていますので非常に熱くなりますが、熱くなり過ぎるとエンジンがオーバーヒートして故障してしまいます。そのため、冷却水はエンジンを冷やすための重要な役割を担っていますので、冷却水不足や漏れには十分注意する必要があります。

オーバーヒートした時の症状

冷却水漏れや詰まりなどが起きると、冷却水が十分に循環できなくなりますので、以下の様なオーバーヒートの症状が現れます。

初期症状:加速しなくなりエンジンの回転が不安定になる。
中期症状:エンジンルームから水蒸気が発生して「キーキー」というような異音がする。
末期症状:エンジン停止。

オーバーヒート状態になると、メーターパネルの水温計や警告灯の点灯で知ることもできます。

気温が高くなる夏場は、冷却水の水温も高くなりやすいので、夏場はオーバーヒートを起こす可能性が高くなります。そのため、冷却水不足でオーバーヒートにならない様に、夏場は冷却水の点検をコマ目に行ってください。オーバーヒートを起こしてしまうと、エンジン自体に大きなダメージを与えてしまい、エンジン自体が再起不能になる場合もあります。

冷却水の他には、エンジンオイルもエンジンを冷やす役割を担っていますので、エンジンオイルの劣化や量の点検や交換も忘れないでください。

冷却水の量と色の確認

冷却水の量の点検は、エンジンルームの中にあるリザーバータンクの確認で行います。リザーバータンクの側面に「MAX/MIN」または「FULL/LOW」などのラインがありますので、冷却水の水面がMAXとMINの間にあることを点検します。液面が分かり難い時は、車体を揺らすと水面が揺れて分かりやすくなります。

リザーバータンク内の冷却水を点検した時に液面が「MIN」のラインより下回っている場合は、冷却水が不足していますので補充が必要です。走行直後に冷却水の確認をすると、エンジンルーム内が熱くなっており危険ですので、冷却水の確認は走行前に行ってください。

冷却水の点検を行う時は量だけでなく、色も確認してください。冷却水は透明感のある「赤・緑・青」などの色が正常な色です。もしも濁りがあったり、茶褐色に変色している場合は異常な状態です。

濁りがある場合:劣化しているため冷却水の交換が必要です。
茶褐色に変色している場合:錆が発生して冷却水に錆が混じっています。

冷却水が茶褐色に変色している場合は、冷却水が循環する水路内で錆が発生しています。錆が発生している場合は、冷却水交換だけでは改善されませんので、整備工場などに相談してください。錆の混入を放置していると、詰まりが起きてオーバーヒートの原因になります。

冷却水の補充

冷却水が不足している場合は、リザーバータンクの「MAX」のラインまで冷却水を補充してください。冷却水は原液のLLC(ロングライフクーラント)を水で薄めて補充するか、既に薄められている補充用のLLCを使用します。

LLCは「防腐・防錆・不凍」などの役割を果たしていますが、濃度には注意してください。LLCの濃度が高ければ冷却水は凍り難く、逆に濃度が低いと冷却水は凍りやすくなります。また、濃度が高くなるほど冷却作用は低下してしまいますので、説明書をよく読んで冷却水の濃度に気を付けながら補充を行ってください。

冷却水漏れに注意

冷却水は何らかの異常がなければ、ほとんど減るものではありません。冷却水を補充してもすぐに減ってしまう場合は、どこかで冷却水が漏れている可能性があります。補充後は冷却水の減り具合を確認し、車を動かす時に停車していた地面が、冷却水の色である「赤・緑・青」などの液体が溜まっていないか確認してください。

冷却水の漏れが確認できた場合は、できるだけ早く整備工場に車を持ち込んで、冷却水漏れの場所の点検や修理を行ってください。手遅れになりオーバーヒートでエンジンがダメになってしまったら、修理費用が高くなりますので、最悪場合は廃車を決断しなければいけなくなることもあります。

また、オーバーヒートを起こしてしまった場合は、素人判断で無理に車を動かさない方が良いでしょう。ロードサービスを利用して、整備工場などにレッカー搬送してください。

レッカーサービスの料金詳細はこちら

宮崎県での業者選びは電話品質と安心の適正価格
宮崎県対応ロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

ロードサービスの概要説明はこちら→