静岡県でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 静岡県

静岡県でのバッテリー上がり救援サービス

静岡県のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

静岡県内自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。静岡県のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

静岡県内のバッテリー上がり救援サービスは「静岡市、浜松市、富士市、御殿場市、沼津市、熱海市、島田市、磐田市」などを拠点として巡回しておりますが、静岡県での営業拠点と対応エリアは随時拡大中です。静岡県にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で、静岡県内の現地に緊急出張します。

静岡県でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

静岡県のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応情報

静岡県内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

静岡県のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応エリア

静岡県のバッテリー上がり対応情報

※静岡県内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

静岡県の各施設や観光地の周辺地域でのバッテリー上がりにもスピード対応します!
静岡県立美術館/静岡市立日本平動物園/富士サファリパーク/掛川花鳥園/御殿場プレミアム・アウトレット/浜名湖ガーデンパーク/沼津港飲食店街/はままつフラワーパーク/熱海温泉/御殿場高原時之栖/浜松市動物園/熱海サンビーチ/三保松原/熱海城/沼津港深海水族館/修善寺温泉/浜松市楽器博物館/駿河健康ランド/道の駅-掛川/浜松城公園/富士スピードウェイ/焼津さかなセンター/ヤマハスタジアム(磐田)/ヘルシーパーク裾野/足柄サービスエリア/熱海駅/焼津市総合体育館/島田市総合スポーツセンター/清水総合運動場/遊園地ぐりんぱ…他

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

車のバッテリー上がりを防ぐためには

バッテリー上がりの原因を知ることでトラブル回避

バッテリー上がりでエンジンがかからなくなると、その日の予定は台無しになり本当に困ってしまうと思います。バッテリー上がりで困らないためには、バッテリー上がりになる原因を知ることや、日頃からバッテリーのメンテナンスに気を配ることが予防策になります。

そして、ライト類の消し忘れでバッテリー上がりになるケースが多いですので、エンジンを止めたら必ずヘッドライトやルームライトといったライト類をすべて消したことを確認することが大事です。

バッテリー上がりになる主な原因

バッテリー上がりになる原因は様々ですが、ライト類の消し忘れやバッテリー液の不足、そしてバッテリーの寿命やオルタネーターの故障などが主な原因として考えられます。

ライト類の消し忘れ

ヘッドライトやスモールランプ、ルームライトの消し忘れでバッテリー上がりになることが非常に多いです。夜間運転した後にヘッドライトやスモールランプを消し忘れてしまうと、ほとんどのケースで翌朝や次の機会に車のエンジンをかけようとすると、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなります。

また、昼間運転した時でもルームライトのスイッチが「DOOR」の状態で半ドアにして長時間放置してしまうと、ルームラートが点灯したままになりますのでバッテリー上がりになります。昼間は明るいですので小さな子どもがルームライトのスイッチをONにしても気づきにくいですし、半ドアも意外と気づかないことがありますので注意が必要です。

対策としては夜中に運転した時には、ライト類のスイッチをすべて切ったか確認することも大切ですが、徹底するのであれば、車の前方に立ってヘッドライトやスモールランプがきちんと消えているのか目視確認することを習慣付けると良いでしょう。

また、半ドア対策としては、車から降りてドアを閉め車を離れる前に、後方からドアが半ドアになっていないか確認するようにすることもバッテリー上がり対策になります。

バッテリー液不足

バッテリーの中にはバッテリー液が入っていますが、この液体を使って化学反応させることで電気が発生しています。バッテリー自体の発熱や気温が高くなると蒸発しやすくなりますので、蒸発でバッテリー液が減った状態のままでいると、電気を発生する量も低下してしまいます。

また、バッテリーの中の電極板が露出してしまい、電極板が腐食やダメージを受けてバッテリー自体に不具合が生じて、バッテリー上がりになってしまいます。もし、バッテリー液が減っていて適量ではない場合は、バッテリー液を補充するようにしてください。

バッテリーの寿命

バッテリーは消耗品ですので、いつまでも半永久的に使えるものではなく、一般的には2年から3年で寿命を迎えますので、新しいバッテリーに交換する必要があります。しかし、車の使用状況によっては4年以上も交換しないで使える場合もあります。

バッテリーを長持ちさせるポイントは、充電不足の状態にしないことですので、走行充電が十分できるように車を走らせることと、電気の使い過ぎに注意することが大事です。

オルタネータの故障

バッテリーは充電と放電を繰り返していますが、エンジンがかかっている時にオルタネータが発電した余りの電力で充電されています。オルタネータが故障する場合がありますが、故障してしまうと発電が行われませんので、バッテリーの電力が消費される一方になり、すぐにバッテリーが上がってしまいます。

新しいバッテリーに交換したのに、すぐにバッテリー上がりが起きてしまう場合は、オルタネータが故障している可能性が高いです。

静岡県でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
静岡県対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→